別れの理由を言わない、原因を言ってくれない時の相手の本音

彼氏や彼女が別れ話の時に、別れの理由、原因を言ってくれない場合があります。元カレ元カノが理由を言わなかった場合に考えられる本当の理由、本音は何なのかを見極めるポイントをご紹介します。

復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 別れの理由を言わない、原因を言ってくれない時の相手の本音

 

別れの理由を言わない理由は、「面倒」「悪者になりたくない」「傷つけたくない」のどれか


例外的に、嫉妬させたいから別れたいと言った。ということもありますが、基本的に、別れの理由を彼や彼女が言わない理由は、「面倒」「悪者になりたくない」「傷つけたくない」のどれかです。

あなたのパートナーの場合は、どれが理由で言わないのだと思いますか?

まずは、相手がこの3つのどの理由から別れの理由を言わないのかを考えてみましょう。

 

「面倒」だと思われる事が理由の場合の特徴

・相手があなたの事を完全に下に見ており、上下関係が出来てしまっている場合

・あなたが、相手に対して感情的、ヒステリックになる事が今までに多かった場合、またそれを相手が非常に警戒している場合

・相手が何を考えているか全く分からないような人である場合。

面倒だと思われる場合は、極端に信頼関係が壊れているケースであったり、極端に人間関係が屈折しているケースに多いです。

 

「悪者になりたくない」が理由の場合の特徴

・相手が他人やあなたに対して自分を大きく見せようとする傾向が強い場合

・相手は嫌なことは先延ばしにし、時に逃げる事がある。

・相手は利己的でドライな所がある。冷たいなと感じることがある。

・自分の否を認めない人だった。

この場合は、相手側の人間性や関係性に問題あると言っていいでしょう。

 

「傷つけたくない」が理由の場合の特徴

・あなたが精神的に不安定で依存体質である場合

・別れ際に、あなたが精神的に酷く疲労していた場合

この場合は、あなたの精神状況に問題があり、相手は言えなかった。と解釈するべきです。

 

面倒、悪者になりたくない。が理由の場合、本音は“他に好きな人が出来た”の可能性が非常に高い。


別れの理由は、基本的には振る側にはなく、振られた側にあります。

振られた側(あなた)が悪いのであれば、彼や彼女は、「こういう所が嫌なんだ!」とハッキリ言うでしょう。

なぜ、理由が言えないか。それは「彼や彼女自身に原因」があるからです。

つまりそれは、「新しく好きな人が出来た」である可能性が非常に高いです。

お付き合いの期間が1ヶ月以内と短いのであれば、「飽きた」「理想と違った」という理由の場合もあります。

 

「傷つけたくない」が理由の場合の本音


この場合は、別れの原因は色々と考えることが出来ます。

代表的な理由は、あなたが傷つくこと。

あなたのコンプレックスを許容できない。であったり、他に好きな人が出来た、他の人を見てみたい。

こういった理由が多いです。

 

別れの理由を言わない場合、復縁は難しい。


相手があなたに嫉妬して欲しいから別れたい。と衝動的に言った。というようなケースを除けば、相手が別れの理由を言わない場合、短期的に見れば復縁は難しい事が多いです。

相手の人間性、もしくは相手との関係、もしくはあなた自身が、恋愛をするには幼稚な精神性であると言えます。もう少し冷静になってから、復縁を目指すのか、他の方を見るのか。なぜ自分は恋愛をするのか。を改めて考えてみていただければと思います。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ