彼と復縁する為に絶対に抑えておきたい7つのポイント

彼に対して未練があり、復縁をしたい。と思っている方!実際に行動に移す前にこの記事を読んで、失敗のない確実な復縁方法を学びましょう。今回は、彼との復縁を成功に導く絶対に抑えておきたい7つのポイントをご紹介します。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 彼と復縁する為に絶対に抑えておきたい7つのポイント

 

彼と復縁する為に絶対に抑えておきたい7つのポイント

彼から突然の別れの言葉…
「価値観が合わない」「他に好きな人が出来た」「友達としてしか見れなくなった」「将来が見えない」など理由は色々あると思います。今回は、どんな理由でお別れしたとしても、相手がどんな性格であっても、絶対に抑えておきたいポイントを7つお伝えします。

 

1、別れ話の時は彼へ縋(すが)りすぎちゃダメ

別れ話の時は、彼のあなたへの印象が悪くなる危険性が大です。「別れたくない!」と彼の意思に拒絶をし続けてしまうと、彼を怒らせたり、機嫌を悪くさせたり、彼に不信感を感じさせてしまう可能性が大です。

ここで、彼に嫌われたり、面倒くさい。と思わせてしまうと、別れた後に、その印象を変えることは非常に難しくなります。メールをしても、面倒くさいから返事はしたくない。と思われてしまい、会おうと思っても当然断られます。悪い印象をずっと背負ったまま、彼に拒絶され続けて、何年も過ごさなくてはいけなくなるかもしれません。

別れ話の時の彼からの印象で、その後の冷却期間がどれくらいの長さが必要なのかが決まりますから、別れ際は縋らず、感情的になり過ぎないようにしましょう。

むしろ、別れ話の時は、彼に「いい子だったな」と未練を感じて頂けるチャンスです。わざわざそのチャンスを自分から潰してしまったらもったいないのです。

別れ話の時は、彼の気持ちを冷静に聞き、彼への反省の気持ちと感謝の気持ちをしっかり伝えて、出来る限り感情的にならずに別れを受け入れるようにしましょう。

 

2、彼に対して、一貫性を持った対応をしましょう。

別れを受け入れた後に、やっぱり別れたくない。と伝えたり、会うのはもう辞めよう。と言われて同意したのに、やっぱり会いたい。と伝えたり、都合の良い関係になってしまった後に、やっぱり都合の良い関係は嫌だ。と伝えるというような、一貫性のない行動は相手を更に冷めさせます。

別れを受け入れた後は、自分は復縁までにこうするんだ。と明確に決めて、あなたの彼に対する行動や言葉がブレないようにしましょう。感情で動いてしまわないように、まずは心を落ち着かせましょう。

 

3、別れの原因を全て解決してから、彼と接点を持つようにしましょう。

別れの原因がまだ解決していないのに、彼と接点を持ってしまうと、冷却期間を置いた事によって、彼の中に未練が芽生えていたとしてもそれが萎えてしまうかもしれません。せっかくあなたが外見を磨いて彼にドキドキして頂けるような状況になることが出来たのに、「原因が治っていないから付き合えない」と言われてしまうと、せっかくの復縁のチャンスを棒に振ってしまうかもしれないのです。

一度も付き合ったことがない二人なら、「付き合ってダメだったらその時に考えればいい。今は好きという気持ちや手に入れたい気持ちをとにかく満たしたい。」というような気持ちや勢いで、多少の不安要素に目をつぶる事が出来るでしょう。

しかし、一度付き合ったことがある二人ですから、「好き」という気持ちや「手に入れたい」というような気持ちを強烈に芽生えさせるのは困難です。しかも、一度嫌な思いやうまくいかなかった経験をしてしまっていますから、慎重になるのも分かりますよね?

ですから、彼があなたと「付き合う」か「付き合わない」かを考える時に、少しでも悩ませるような要素があると危険なのです。そうしない為に、原因はしっかり解決してから再度接点を持つようにしましょう。

どうしたらいいか分からない方は、別れの原因をより早く解決する為に、「復縁を加速させる正しい自分磨きの方法」をお読み頂くと良いでしょう。

 

4、接点を持つたびに、彼からの印象を良くするように行動しましょう

別れた時よりも、その次に会った時の方があなたへの印象が良くなる。その次に会った時はもっとあなたへの印象が良くなる。というように、会うたび、会うたびに彼のあなたへの印象が良くなるように、意識して下さい。

彼の対応に一喜一憂していると、会って話すだけで精一杯で、それ以上を考えることができなくなります。

出会ったばかりの二人であれば、それでも彼は勝手にあなたへの印象をどんどん良くしてくれるでしょう。しかし、復縁の場合は、もう既に彼はあなたのことを知っている訳ですから、何もしないだけでは、印象は良くなりません。

特に、別れの時の理由が「ドキドキしなくなった」「冷めた」というような理由であれば、尚更ですが、会っても「印象が良くならない」というのは致命的です。相手をドキドキさせるのは難しいでしょう。

その為には、下記の2つを意識すると良いでしょう。

・会った時のマンネリ化を避ける。

更に彼に楽しんで貰うために、という発想で、ご飯。飲み。だけでなく、彼の趣味や今までに彼としたデートの中で彼が最も楽しんでいた事などを参考に、彼に楽しんで頂くには、どこに行けば良いか?何をすれば良いか?ということを検討し、次はどこにどうやって誘うかをあらかじめ考えておきましょう。

・出し惜しみをする。

あなたが自分の変化や自分磨きに自信を持っているのであれば、彼に会った時は、出来る限り出し惜しみすると良いでしょう。最初から全力で長時間お会いするのではなく、最初は短時間会う。というように、出し惜しみをする事で、会うたびに相手の印象が良くなるように意識すると良いでしょう。

 

5、彼に追いかけてもらうために、彼を追いかけないように意識しましょう。

彼を追いかけてしまえば、彼は安心してしまい、ドキドキしにくい状況になってしまうでしょう。もしくは、彼はあなたの未練を警戒し、距離を空けるようになってしまいます。

彼との関係を悪化させない為にも、彼に追いかけていただくためにも、あなたは彼を追いかけないようにしましょう。彼のあなたへの気持ちよりも、大きな気持ちを彼に伝えないように注意して下さい。

 

6、彼の今の状況を見定めましょう。

彼が、恋愛以上に優先しているものに関して、過度に悩みやストレスがあるような場合は、恋愛をする余裕がない状況だと言えます。

こういった時に相手を誘っても、相手をその気にさせることは出来ません。せっかくあなたが自分磨きをして素敵になっても、相手がそれを評価したり受け入れる余裕がないのであれば、その変化が無駄になってしまいます。

別れ際の彼の様子から現在の彼の状況を推測するなり、SNSやメールの雰囲気で悟るようにしましょう。

 

7、冷却期間はどの程度の長さが必要か?

まず、別れの原因が改善されている前提になりますが、冷却期間の長さは下記を目安にすると良いでしょう。あくまで目安です。彼の性格よって前後します。

・別れの際に彼の中にあなたへの未練がある場合は、3ヶ月。もしくは期間は空けずに駆け引きによって彼の未練を大きくする。

・別れの原因がドキドキしない。冷めた。というような理由の場合は、6ヶ月。

・別れの原因が価値観の相違や、将来が見えない。というような理由の場合は、12ヶ月。

冷却期間中に彼から連絡があった場合は、ほぼ確実に彼の中にあなたへの未練が芽生えていると言えます。この場合は、あなたの変化と駆け引きによって彼の未練をもっと大きくしてしまいましょう。

 

彼と復縁する為に絶対に抑えておきたい7つのポイントのまとめ

いかがでしょうか。別れ話の時に、どう対応するかがその後の復縁の運命を左右すると言っても過言ではありません。

別れ話の時にうまく対応が出来なかったな。と感じたとしても、その後のあなたの変化によって挽回することは可能ですから、彼を見返す為に努力をして、もっともっと素敵な女性になっちゃいましょう。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


“彼と復縁する為に絶対に抑えておきたい7つのポイント” への2件のフィードバック

  1. rie より:

    はじめまして*
    検索で巡ってこの記事を読みました*
    すごく参考になりました!
    今はまだ別れをちゃんと消化出来ていないで、気持ちが不安定なので、まずは落ち着けるように彼以外の事に目を向けてみたいと思います*
    記事の更新楽しみにしています:d
    また見に来ます*

    • satosato より:

      コメント有難うございます。
      これからも記事をどんどん更新していきますので、楽しみにしていて下さいね!

コメントを残す

このページの先頭へ