夫婦の復縁の基本

夫婦の復縁の場合は、通常の復縁方法とは考え方が全く違います。その違いを理解していなければ、夫婦の復縁を正しく行うことは出来ません。今回は、「夫婦の復縁の基本」を解説しますので、しっかり学んで復縁の為に何をすれば良いのかを理解しましょう。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 夫婦の復縁の基本

夫婦の復縁と一般のカップルとの復縁では何が違うのか?

相手の感情が極端に冷める、生理的に嫌になってしまうリスクが高い

一般の復縁の場合、相手は「もう別れるから」と言えば別れることが出来ますが、関係が悪化し離婚の危機となっている夫婦の復縁の場合、相手は、「もう別れるから」と言ってもそれだけでは別れることが出来ません。

ですから、相手は「どうやって別れようか」「どう説得するか」というような発想をしていることが、大きな違いの一つになります。

カップルの復縁の場合は、「別れたくない」と言ったところで、どうにもなりませんが、夫婦の復縁の場合は「別れたくない」と言えば、あなたに「明確な離婚原因」がない限りは、すぐに離婚という事にはなりません。

しかし、あなたが「別れたくない」と言えば「相手は、どうやって説得するか」「どうやって諦めさせるか」という発想から「あなたに復縁の希望を感じさせない為に、極端に冷たくする」という方法を取る事が大半です。

このことにより「気持ちの温度差」が開きすぎてしまう危険性があります。

気持ちの温度差が開きすぎると、相手の離婚意思に一定の理解を示すか、別居をしない限りは、相手の恋愛感情は更に更に冷え、最後には「生理的に嫌になる」「嫌いになる」というような状況に陥りやすいのです。

この生理的に嫌というような状況になってしまうと、関係の改善は非常に困難になりますから、そうならない為に、相手への譲歩(別居や離婚の意思を尊重する姿勢を見せる)をどの程度するのか。が一つのポイントになります。

 

原因の深刻度が高い

普通にカップルが別れるのに比べ、離婚をすることに対するリスクは多くあります。

社会的損失(世間体)、経済的損失(慰謝料、養育費、お金)などのリスクを負ってでも離婚をしたい。という決意ですから、その原因の深刻さは非常に高い事が多いです。

相手が後先を考えずに衝動的に離婚を言い出したのであれば別ですが、相手が後先を考えた上で判断した別れであれば、原因は深刻であり、その原因を改善することは非常に難しい場合が殆どです。

原因の深刻さを過小評価する方が多いですが、これは絶対にダメです。

 

別れた後の事を考えての行動がしにくい

恋人の別れの場合、別れの危機が訪れたら、別れてからどう復縁しようか。という事を考えて、「出来る限り綺麗に別れて別れた後に接点を持ちやすくしよう。」という発想をする場合が多いですが、

離婚復縁の場合は、あなたが「離婚をしたくない」と言えば相手は強引には離婚が出来ないことと、あなた自身の離婚のリスクも非常に高い事から、「とにかく離婚を辞めさせたい」という視点だけで行動をしがちです。

しかし、前述のように、別れの原因が深刻である事もあり、短期間でそれを改善することは難しく、長期間粘れば、生理的に嫌だ。というように思わせてしまう可能性も高まるわけです。

必ず仮に離婚した場合も接点を持てる関係、離婚後にあなたの事を良い人だった。と思って頂ける状況も視野に入れておく必要があります。

 

夫婦の復縁の場合に気をつけなければいけないこと

夫婦の復縁の場合に、気をつけなければいけない事を紹介します。

 

相手に嫌われてしまう、生理的に嫌だと思われてしまう事は絶対に避ける。

相手に嫌われてしまったり、生理的に嫌だと思われてしまうと、復縁は不可能になる。と危機感を思ったほうが良いです。

あなたが離婚に対して頑なに「拒否」すればするほど、このリスクは高まります。

相手の離婚の意思に対して「あなたがどの程度理解を示すのか」それによって「相手の気持ちに嫌悪感が生まれるのを避ける事が出来るのか」というように、相手の意志の硬さや、相手の感情、相手の性格を考えて、自分の意思と相手の気持ちのバランスをどの程度取るかを判断しましょう。

 

相手が怒っていたり、感情的になっている時は、縋ってはいけません。

夫婦の離婚の場合、相手が怒っていたり、感情的になっている時に、「離婚は嫌だ」という意思で、縋って追いかけてしまうと、関係が崩壊する恐れがあります。

相手に「何が嫌なのか。何が原因なのか。」を語っていただくだけならいいですが、それに対して反論や意見を言うのは御法度です。

相手が精神的に落ち着いていなければ、あなたの意見に耳を貸していただくことは出来ません。相手が怒ったり感情的になっている時は、反論をするのは控えましょう。まずは、相手の気持が落ち着くには何をすればいいのか?ということを相手の目線で考えて下さい。

 

夫婦関係を修復する為に、具体的に何が出来るでしょうか

相手が怒っていたり、感情的になっている場合はどうすれば良いか?

この場合は、まずは「相手の感情が最短で落ち着く方法」を考えましょう。

具体的な方法は、「相手に不満を遠慮無く話して頂く」「あなたの意見を押しのけて、離婚に無理矢理反対しようとは思っていないから、少し時間が欲しい。」というように「相手の離婚の意思を尊重しつつ、時間を下さい」と言って、時間を稼ぎ、相手の気持ちが落ち着くのを待つ。別居を提案する。などがあります。

 

別居を恐れてはいけません。別居は唯一あなたが出来る冷却期間の戦術です。

別居を恐れすぎて、別居に頑なに反対するのは良くありません。

そのまま一緒に生活をして関係が悪化するよりは、別居をした方が良いです。別居により、その後一定期間は、相手は落ち着きますし、夫婦の復縁において、相手に寂しさや未練を感じて頂く唯一の手段になります。

ですから、別居を嫌がるのではなく、どのように別居にもっていけば、相手は未練や寂しさを感じて私との別れを考え直すだろうか?
というような視点で、戦略的に別居を利用するべきです。

▼詳しく学ぶ▼

あなたには必要?復縁の冷却期間についての正しい考え方

 

別居中に連絡を過度にするのはNGです。

別居は冷却期間です。別居中に不安で連絡を繰り返してしまうと、相手の感情を穏やかにし、相手の中にあなたへの未練が芽生える狙いで行うべき冷却期間が、台無しになってしまいます。

連絡は必要最低限に努め、あなたの未練や離婚を回避したい。という気持ちは伝えないように心がけましょう。

 

夫婦関係を修復の理想の流れ

最後に、理想の流れ、良くある復縁の流れをご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

 

1、相手の気持ちを落ち着かせる

まず、相手が怒っていたり感情的になっている場合は、その感情を抑える事を意識して下さい。
その為には

・相手の不満や意思をしっかり聞く。

相手に全ての不満を吐いて頂かないと、相手に不満が残ってしまいがちです。相手がスッキリするまで、しっかり不満を言ってもらうようにしましょう。

・相手の気持ちに対して反論はせず、謝罪をする。

相手が感情的になっている場合、例え正論であっても、反論をすれば、相手の怒りを大きくしてしまいます。相手の気持ちを尊重する意味でも、反論はせずに、受け入れ、謝罪をするようにしましょう。

・相手の離婚の意思に対して真っ向反対はしない。

真っ向反対をしてしまうと、相手は更に強硬な姿勢になってしまいます。

・時間を置く。

感情はすぐには落ち着きません。すぐに結論を出さずに、保留という形で、時間を稼ぐか、最後の手段として別居を提案しましょう。

 

2、相手と穏やかな関係性の中で、別居を提案する。

別居は「相手に未練を感じて頂く為の唯一の手段です」

私は、別れたくない。でも、あなたは今まで私達夫婦の為に沢山頑張ってきてくれた。あなたへの感謝の気持ちはすごく大きい。だから、あなたの気持ちを無視して私の気持ちを押し切ろうだなんて考えられない。ただ、私にも時間がほしい。まず、別居をしてみないか?

というように、別居を提案するとベストです。

相手の離婚の意思に対して、ふざけるな。というような感情をぶつけるのは絶対にダメです。むしろ、相手への感謝をしっかり伝え、別居を提案することで、

穏便な形で、別居に持っていく事が出来ます。この形で別居が出来ると、相手に「未練」が最大限芽生えやすい状況を作ることが出来ます。
別居の日は、相手に今までの謝罪と感謝のお手紙を渡し、笑顔で送り出すように心がけて下さい。

 

3、別居中は、相手への連絡は極力控え、自分磨きに徹する。

次回に再会した時に、相手が別れを迷い出すように、しっかり自分を磨きましょう。

▼詳しく学ぶ▼

復縁を加速させる正しい自分磨きの方法

 

4、再会時に、相手の気持ちを聞く。

冷却期間である別居を3ヶ月程度行ったら、一度お会いしてお話をします。その時にお相手に話を聞き、復縁が出来そうであれば、そのまま復縁をする方向で話をします。

復縁が難しそうであれば、相手の状況にもよりますが、一度同居をしてみて、それでもやっぱり別れたい。と感じるのであれば別れに応じる。と伝え、同居にもっていきましょう。

 

5、再度同居し、その時に別れの原因の改善を行動でアピールしていく。

別れの原因が改善したことを同居中に感じていただきましょう。

4の段階で復縁が出来るパターンが多いですが、それでも無理なら5で復縁のアピールを行う形になります。この流れを作るには、まずは1〜3が重要ですから、その先を考えて落ち着いて相手の気持ちを尊重できるような精神状態で挑みましょう。

 

夫婦の復縁の基本まとめ

夫婦の復縁の場合は、別居を戦術的に考えられるかどうかが一つ重要なポイントになります。

別居を嫌がるのではなく、怖がるのではなく、別居によって相手に寂しさや未練が芽生えるように、どのように別居に持っていくことが出来るか。というように発想すると良いでしょう。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ