元カノと復縁する為のメールテクニック

今回は男性向けの復縁方法元カノと復縁する為のメールテクニックをご紹介します。女性の場合はメールの内容が大事ですが、男性の場合はメールの内容よりもタイミングが重要だったりします。元カノにメールを送ろうと思っているけど、どうしようか。と思われている方は必見です。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 元カノと復縁する為のメールテクニック

別れ際の印象が、その後の方向性を決める。

元カノと復縁をしたいのであれば、別れ際の印象が全てと言っても過言ではありません。
別れ際のあなたの対応によって元カノがあなたに対して幻滅してしまった。嫌悪感を感じてしまった。
というような状況である場合は、短期的に復縁は難しいと覚悟しましょう。1年〜2年程度は冷却期間を置き、元カノがあなたの事を忘れた頃にやっと復縁活動が出来る。それくらいの覚悟をしておいて下さい。(もちろん元カノの性格や状況によってこの限りではないですが、だいたいのケースでこんな感じです。)

逆に、別れ際に大きなトラブルはなく、温和な雰囲気で別れることが出来た場合は、冷却期間は3ヶ月程度で構いません。

元カノとの別れの原因が他に好きな人が出来た。というような原因の場合は、1/3程度の割合で、あなたに対しての未練を感じつつも他の男性を選んで別れた。というような状況です。

別れてからも、あなたに対して連絡が来るような場合(特に悩み相談などで)は、冷却期間は置く必要はありません。ただ、この場合は新しいパートナーとの関係が本当に悪化した時にチャンスが訪れますので、その時までは積極的に動くべきではありません。

別れ際にどういった印象を与えたか。が元カノと復縁するのに非常に重要なので、いま彼女に振られそうだ。いま正に彼女から別れ話をされている。というような方は、別れ際の印象を悪くしないように心がけて下さい。

すがって復縁できるパターンは、中高生の恋愛であったり、相手の女性があなたを試しているというようなパターン以外はほぼあり得ませんから、縋るにしても一瞬だけにしましょう。しつこいのはダメです。

逆に、全く縋らない。超ドライに別れを受け入れる男性も居ます。これは、その後復縁したいのであれば良くありません。最低でも相手への感謝を伝えるようにしましょう。

 

元カノと復縁したいなら、メールはタイミングが命と思うべし。

女性は男性に比べて振った相手に対して未練を残しにくいです。あなたが振られた側で、別れてから3ヶ月以内に元カノからあなたへのメールがない場合は、「元カノは、もうこれっぽっちもあなたに対しての未練はない」と思っておいたほうが無難です。

逆に、別れてから3ヶ月以内に元カノからあなたに対して、悩み相談などのメールが来る場合は、未練はあると言って良いでしょう。この場合は、復縁に期待をして構いません。ただ、未練はあるが一瞬の寂しさを紛らわしてくれればそれでいい。というような存在である可能性は高いので、メールが来るから復縁が出来る。ということではなく、この状況からどうやって元カノの心理を揺さぶっていくか。という視点を忘れないようにしましょう。

さて、復縁を目指す場合は、メールの内容よりも、メールのタイミングが命です。

女性は、興味のない男性に対しては非常にシビアです。
あなたに対して不信感や不快感を持っている場合は、どんなメールを送っても状況を悪化させるだけ。

つまり、復縁を目指すのであれば、元カノへのメールは、あなたに対する不快感がない状況で送るべきなのです。
もう少し突っ込んで言えば、元カノがあなたからのメールを受け取って不信感や不快感を感じないタイミングで送るべきなのです。

一度でも無視をされてしまうと、その後、何も出来なくなってしまうので、確実に無視をされない。そういったタイミングを目指していきます。

逆に言えば、元カノがあなたに対して不快感や不信感を全く持っていないのであれば、いつメールを開始しようが問題ありません。

いま、元カノは俺に対していい印象は持っていないだろうな。と思うのであれば、メールを送るのは相当先になるでしょう。半年〜2年はメールは我慢するべきでしょう。

ソーシャルメディアや共通の知人を介して、間接的なアピールに留めるのが無難だと言えます。

そんなに長い間、冷却期間は置けない。そういった場合は、無視されたら諦める。というような覚悟を持って、事務的なメールを一通送ってみましょう。

 

元カノと復縁したい場合、どんなメール内容で送るべきか?

「第三者からの伝言を伝える」「第三者への伝言をお願いする」「公的な連絡」というような事務的な連絡内容であれば、「私に未練があるな。」とは思われませんが、なかなかこういった口実での連絡は難しいでしょう。

そこそこ恋愛経験がある女性であれば、どんな内容のメールを送ったとしても、「私に未練があるな」と感じます。

ですから、「私に未練があるな」と元カノが感じるのは当然だ。と割り切った上で連絡をしましょう。

元カノから好意的な返信が来た場合、あなたが元カノへ未練があることが、元カノにとっては不快ではなくむしろ嬉しい事だということです。
この場合は、脈アリだと言って良いでしょう。

元カノから冷たい内容で返信が来た場合は、あなたが元カノへ未練があることが、元カノにとっては歓迎できない事であると推測出来ます。
無視された場合も同様です。

どんなメールでメールを送ったとしても、「私に未練があるな」とは感じさせてしまいますが、好意的な返信を貰いやすい内容でメールを送ったほうが良いに決まっています。

さて、その為のメール内容はどんなものでしょうか?先に断っていますが、これは元カノがこちらに対して不快感は感じていない場合に有効なメールです。
無視をされていたり、不快感を感じているかも。と感じている場合は下記の記事を参考にして下さい。

メール無視から復縁をする方法
復縁したい元カレや元カノが冷たい場合どうしたらいい?

ダメな例と良い例を紹介していきます。

ダメな例)異性を匂わすメール

こっちの服とこっちの服、どっちがいいと思う?【写メ添付】
誕生日プレゼントに貰って女の子が嬉しいのって何?

意外に多いんですよね。未練を伝えたくない。という事を意識しすぎてしまっているのでしょう。
唐突すぎますし、元カノに対して恋愛相談をして来る男のデリカシーのなさに不快感を感じる女性は多いです。

良い例)有益な情報提供

今度、◯◯って場所に、△△が来るよー。

今月の◯日に、□□□の説明会あるから、時間合うなら行きなよ!

相手が好きそうなイベントの情報であったり、相手の仕事や人生に役立ちそうなセミナーや説明会の情報などを提供するのはアリです。

そんなの言われなくても知ってるよ。と思わせるようなメジャーなものではなく、マイナーだけど相手にとってはとても有益。といような情報だと良いでしょう。

ダメな例)報告メール

最近、ヘッドハンティングされて転職が決まったんだよ。◯◯は最近どう?

こんな感じで、自分の成長を報告するようなメールを送られる方が居ます。これは、自分磨きの成果を伝えたい。という気持ちからお送りされているのでしょうが、自分磨きの成果を自分から言うのは全然ダメです。元カノとの復縁が成功する6つのルールでもお伝えしていますが、女性は想像する生き物なので、想像力を膨らますようなキッカケだけを与えられればいいので、自分から言ってしまうのは勿体ないですし、下手すると幻滅されてしまいます。

 

好意的なメールが返ってきたらチャンス。

女性との復縁を目指す場合、つまり元カノとの復縁を目指す場合は、相手からの好意を少しでも感じた場合は、それはチャンスです。

このチャンスを逃してはいけません。

女性は直感的なので、今日の元カノがあなたに対して未練を感じていても、明日はどうなっているか分かりません。

チャンスと思ったら即座に行動しないと、次に行動した時には元カノの気持ちが変わってしまっている。ということも。

ですから、チャンスだ。と感じたら期間を空けたりはせずに、グッと押してしまうべきです。

具体的に言えば、

メールで好意的な返信が来た。即座に電話をして近況報告をしていく。元カノに色々と話して頂き、恋愛相談や人生相談に話を持ち込む。話の途中で、久々に飯でも。というように提案。

長電話はせずに、アポを取ったら電話を切る。

こんな感じで、アポまでの最短コースを目指して下さい。

メールはあくまでも、相手の状況を知るためのツールとしての側面が強いです。だらだらメールをするよりは、会う。という状況に持っていったほうが良いでしょう。

 

メールは、元カノの未練や恋愛感情を大きくするツール。

一度会って、元カノの気持ちが強くなったのを感じたら、メールはその感情を大きくする為に役立つツールとなるでしょう。

目指すは会話のようなメールです。

長文のやりとりではなく、チャットのようなメールがベストです。

こういったメールのやり取りが出来るようになれば、復縁の可能性はグッと高まるでしょう。

チャットのようなメールのやり取りを目標にして頑張っていきましょう!

 

 

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ