元カノや元カレに拒絶されずに、接点を持ち続ける方法

今回は「元カノ元カレに拒絶されずに、接点を持ち続ける方法」というタイトルで、元カノや元カレに拒絶される事なく、メールや電話や会うというようなコミュニケーションが出来る状況を常にキープする為の方法を解説致します。

復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 元カノや元カレに拒絶されずに、接点を持ち続ける方法

 接点を持ち続けることが、なぜ大切なのか?


具体的に別れの原因がある場合、元カレや元カノに「付き合いたい」と思っていただくためには、あなたが変わり、別れの原因が無くなった事を相手に実感させなければいけません。

その為には、接点を持ち続け、コミュニケーションの機会を多く作ることが絶対に必要です。

特に、別れの原因が“価値観の相違”や“不信”のように、簡単には改善することが出来ないような深刻なものであればあるほど、コミュニケーションを繰り返すことでやっと改善してきている事を感じて頂ける訳ですから、長い期間コミュニケーションを取り続けることが出来るような関係性を保持することがとても大切になります。

 

嫌悪感や気まずさがあると接点を持つことは出来ません。まずはそれを取り除きましょう。


当たり前ですが、元カレや元カノの中に、あなたへの嫌悪感や気まずさがある場合は、接点を持とうとアプローチしても、うまくいきません。高い確率で状況を悪化させてしまいます。

元カレや元カノの気持ちに、あなたへの嫌悪感や気まずさがある場合は、まずはそれを取り除く必要があります。

嫌悪感がある場合は、謝罪を行った後に冷却期間を置く。

気まずさがある場合は、気まずさの原因である、“あなたの未練への警戒心”“あなたへの罪悪感”“あなたへの不信感”この辺りを払しょくする必要があります。

未練を警戒している場合は、駆け引きや冷却期間を置くなどによって、「あなたにはもう未練がないよ」と伝わるような行動をする。

罪悪感がある場合は、明るく対応する、相手への感謝を伝える、などで罪悪感を払拭する。

不信感がある場合は、謝罪の後に冷却期間を置く。もしくは相手にあなたへの不満を言ってもらう。

こういった事をする必要があるでしょう。

相手の中に、あなたへの嫌悪感や気まずさがある場合、接点を持てるような状況ではないということをしっかり認識しましょう。

 

接点を持つために抑えておきたい5つのポイント


1、元カノや元カレにとって、あなたと連絡を取るメリットって何がある?

元カノや元カレにとって、あなたと連絡が取りたい。と思うような話題や、あなたと連絡をとってよかったな。と感じさせられるような話題はどんなものがあるのかを考えてみましょう。

趣味が合うのであれば、趣味関連の話題や情報提供であれば相手にメリットを感じていただきやすいでしょう。

相手の仕事などの相談相手として価値を感じてくれていたなら、相談をいつでもしてもらえるような状況を作っておくと良いでしょう。

2、メリットのあるような話題は考えつかない。そう思うのであれば、作るしかありません。

相手の目線で考えましょう。あなたと連絡を取ることに何のメリットもなければ、連絡を取りたい。連絡をとって良かったな。そんな風に思って頂く事は出来ません。

それでは、結局のところ関係は続きにくいのです。

相手の趣味や、相手の異性の好み、相手が尊敬する人などを思い出してみて、相手にあなたと繋がっていることに意義を感じていただくには、自分がどう変わればいいかを考えましょう。

彼の趣味が釣りで、女性側が釣りを覚えた事で、一緒に釣りに行くことが出来るようになった。

彼が独立開業を将来の目標にしており、あなたが商工会議所のボランティアをすることになった事で、彼にメリットのある情報を提供することが出来るようになった。

など、実際に行動をして、相手にメリットを感じて頂ける自分に変わった方の例は多くあります。

私には何も出来ない。とすぐに諦めるのではなく、何が出来るのか?という視点で必死に考え、諦めずにチャレンジしましょう。

3、まずは軽い繋がり、軽いコミュニケーションから

Facebookのいいね!やコメント、Twitterのリツイートやリプライ、mixiの挨拶やイイネ!というような、SNSでの軽い繋がりから接点を作るように心がけましょう。

いきなりメールや電話というように考えずに、SNSで軽く繋がっている状態を続けることで、少しずつ相手との繋がりを太くしていくようなイメージを持つと良いでしょう。

それ以外の軽い繋がりと言えば、イベントなどで顔を合わせる、複数で会う、事務的なやり取りをする。などが該当します。

4、最小限の連絡に留めること。

何かこちらからアクションする場合、連絡や誘いは最小限に留めるべきです。余計な連絡だと思われてしまえば、それはあなたの未練が相手に伝わることを意味します。

連絡や誘いは必要最低限にし、相手の警戒心を刺激しないように心がけましょう。

5、元カレや元カノを尊敬し信頼し褒めること!

未練が伝わっていなければ、相手を褒めることに嫌味はなく、好意的に受け取って頂けるでしょう。また、褒めることが出来る。ということはあなたの気持ちに余裕があることにも繋がります。相手に執着していれば、相手を褒めたりは出来ませんから。

褒めることで、あなたの未練が更に伝わりにくくなりますし、相手もあなたと連絡を取ることに、好意を覚えて頂きやすくなりますから、相手を褒めることは常に意識して下さい。

 

接点を持つのはあなたの為じゃないって事を忘れないで


私が寂しいから、会いたいから、というような理由で相手にメールをしたり誘ったりしてもうまくいくはずがありません。

自分のエゴは一切捨てて、相手の目線で考えて、接点を持つようにしましょう。

常に、相手にメールしてよかった。会ってよかった。と思っていただくためには自分は何が出来るだろうか?

という視点で考えて、行動するようにしましょう。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ