復縁したい!を叶える復縁ノウハウ5選!

復縁したい!そう思われているなら確実に抑えておいて頂きたい復縁のノウハウをご紹介します。これを読んで実践出来ればあなたの復縁の可能性はグッと高まるはずです。めちゃくちゃ長いですが、気合を入れて書きましたので、最後まで読んで頂ければ幸いです。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 復縁したい!を叶える復縁ノウハウ5選!

1、復縁をするには、今の状況を把握して最善の方法を用いるべし。

復縁をしたいなら、今の状況を把握するのは必須事項。
状況は、大きく分けて下記の4つに分類出来るので、あなたは今どんな状況なのかを考えてみて下さい。

1、拒否、拒絶、無視をされている状況。
2、連絡は取れるが、あなたの警戒されている状況。
3、連絡も取れるし警戒もされていないが、友だち以上には見られていない。
4、相手から連絡が積極的に来るし、誘いも来る。相手には自分への未練がありそう。

さあ、あなたは1〜4のどれですか?

 

1の場合は、相手に感謝と謝罪のメールを送り、冷却期間に入り自分磨きを行うのが基本の流れになります。

別れの状況や原因、元カレ元カノの性格によって、冷却期間をどの程度取ればいいかはまちまちですが、相手の性格が落ち着いていて感情的ではなく他者に影響を受けにくい自立した性質の場合は、半年程度は必要だと言えます。

逆に、相手が、感情が揺れやすく人に影響を受けやすい、愛情に飢えていて自己承認欲求が強いような相手の場合は、冷却期間は1ヶ月〜3ヶ月程度で良いことが多いです。参考にして下さい。

参考記事

メール無視から復縁をする方法

復縁メールの例文集、テンプレートを使ってよりを戻そう!

復縁を一瞬で引き寄せる、感謝と謝罪のメールや手紙の書き方

 

2の場合は、あなたの未練や執着心を警戒している可能性が高いですから、「もうあなたには興味はない。執着していない。」という見せ方を徹底して行っていきます。具体的に言えば、普通の友だち以上の対応はしない。要求はしない。ということです。

私が普段アドバイスさせていただくのは、忘れ物の受け渡しや、何かを借りるような機会であったり、サークルや仲間内で会うような機会で、今までとは違う対応をすることであなたの中の元カレや元カノに対する未練が無くなったんじゃないか?と感じて頂けるような、今までとは違う対応を一度する事で、警戒心を解いていくという方法です。

明るく元気に対応はするが、余計な話はしない、短時間でサクッと帰る。こういった対応をすることで、相手のあなたへの未練への警戒心を解くことを目指していきましょう。

ちなみに、未練が伝わっている事をなんとかしようと、他の特定の異性を匂わすことをする方が居ますが、これはほとんどの状況でNGです。

未練が伝わらなくなった後の事を考えて欲しいのですが、

特定の異性の存在を匂わせた後、相手に対して何かしらのアプローチをすると、不快に感じさせてしまいます。

復縁を前に進める為には、警戒心を解いた後に、再度こちらからアプローチ(メールをしたり誘いをしたり)をするわけですが、その時に「他に気になる異性がいるはずなのに、自分に連絡してくるのはなぜだ?」と疑問を感じさせてしまうと、「チャラい」と思わせてしまうか「異性を匂わせてきたのは駆け引きだったのか」と判断されてしまうリスクが高いです。こうなると、復縁どころか幻滅されちゃいますよね。

また、特定の異性の存在を匂わす場合は、元カレや元カノがあなたへの興味や関心や未練や好意がある時(つまり4の状況)に良い効果を発揮しますから、警戒心を解くために、こういった強烈なカードを使うのは勿体ないとも言えるでしょう。

特定の異性を匂わすのはNGですが、出会いがありそうだ。と感じさせるのは悪くありません。イベントのような男女が多くいて出会いがありそうな場所に良く行っている。というような印象を与えるのはアリです。

 

3の場合は、あなたに対する興味や関心が薄い、もしくは緊張感が欠如していると言えます。

興味や関心が薄い場合は、一言で言えば変化が足りないと言えます。

なぜ、別れてしまったのか。自分に何が足りないのか。というような別れの原因を深堀りして、自分がどう変わればよいかを徹底的に検証し、自分磨きをしっかり行っていきましょう。

会う頻度を減らすという事もそこそこ効果的です。思い切って冷却期間を置くのもアリです。

参考記事

復縁を加速させる正しい自分磨きの方法

あなたには必要?復縁の冷却期間についての正しい考え方

 

3の場合の多くの方が、緊張感が足りないという状況に陥っています。

自分磨きによる変化によっても緊張感を高めることが可能ですが、大体のケースで、そもそもの元カレや元カノに対する距離感やコミュニケーションの取り方に緊張感を無くしてしまうような対応をされている方が多いです。

緊張感とは、理想と現実のギャップを感じ、恐れるから芽生えるのです。

つまり、元カノや元カレがあなたに対する「理想と現実の差」が大きければ大きいほど、緊張感を高めることが出来るのです。

おそらく復縁を目指しているあなたは、元カレや元カノと対峙した時に、緊張をしているはずです。

それは、「自分のことを好きになってほしい。」「自分のことを好きで居て欲しい」という理想と、現実の元カレや元カノの態度や言動のギャップに対して、ある種の恐怖を感じているからです。

元カレや元カノに対して、「そろそろ帰る?」と提案した時に、「まだ、帰りたくない。もうちょっと一緒にいよ。」と言われたら、緊張が緩和して安堵し幸せな気持ちになるでしょう。

そもそも、「そろそろ帰る?」という言葉を発している時点で、あなたが相手に対して緊張している証拠

相手に対して緊張せず期待せずであれば、「そろそろ私帰るね。」と言えてしまいますから。

こういった緊張感をあなたではなく、元カレや元カノに感じて頂くことが、3の状況から脱却し、あなたへの興味や関心、好意や未練を感じていただくために重要なことなのです。

では、どうすればいいのか?

一つは、線引をしっかりして、相手のペースに飲まれない、相手のイエスマンにはならない事。

なんでもかんでも相手の要求を受け入れてしまっていると、相手はあなたに対して緊張を感じにくくなります。

明確に線引を行う事で、「断られるかも」「嫌われるかも」というように、元カレや元カノに感じさせる事を目指していきます。

勇気を出して、誘いを断ったり、他の誘いを優先したり、仕事の事を考えて早く帰ったり、相手に近づきすぎず一定の距離を保ったり…、というように線引をハッキリさせるようにしましょう。

基準としては、他の異性と同様の線引をする。ということを目安に考えて下さい。

 

4の場合は、もう復縁は目前。と言ったところです。

前述の緊張感が足りず(肉体的、もしくは精神的に)都合の良い関係になってしまっているか、キッカケや危機感がなくてダラダラとしてしまっているか。このどちらかが原因だと言えます。

緊張感を増す方法は前述の通り。

キッカケや危機感がない場合は、「次は会えないかもしれない」「他の異性に取られてしまうかもしれない」というように、あなた自身が相手にとって不安定な存在になる事が重要です。

特定の異性の存在を匂わす…、誘いを断る…、用事が済んだら他の予定があるからと言ってサクッと帰る…、こちらから告白してしまい「NOならもう会わない」と伝えて判断を急かす…等の対応を行って、相手に危機感を感じさせるような行動を行いましょう。

駆け引き的な行動も効果的ですし、相手の心理を揺らしやすい状況なので、下記の記事を参考にすると良いでしょう。

ビックリするほど効果的な復縁の駆け引きの方法

心理学を応用した復縁方法・よりを戻すテクニック

 

2、元カレや元カノにアクションを起こさせる事を意識すべし。

メールをするきっかけ、会うきっかけを作るために、自分からアクションを起こすことが必要な場合が多いですが、

何度もこちらからメールや誘いを行うのは危険です。

口実のネタが尽きますし、相手もあなたの好意を感じて安心してしまいますし、何よりも相手が受け身になります。

基本的には、メールを一度したら、次は相手からメールを貰う。

一度誘って会ったら、次からが相手から誘いを貰う。

というように、相手からアクションをさせるように仕向けていきたいところです。

誘われる場合は、何もストレスを感じません。断られたらどうしよう。というような気持ちになることもありません。

逆に、誘う場合は、返事が来ないことに不安になったり、というように適度にストレスを感じさせることができます。これが前述の緊張感にも繋がっていきます。

相手を受け身にさせてしまうと、復縁は前進しにくいのです。

相手にアクションさせるためにの、考え方は2つ。

1つは、メールや誘いをする場合は、相手の感情を確実に揺らすということ。

特に会う場合は、相手のあなたへの感情を確実に高めて、次からは相手があなたを誘うという状況を作り出して欲しいのです。

中途半端な誘いは逆効果。

最も理想的なのは、冷却期間(会わない期間)を3ヶ月程度置き、大きな変化を感じて頂ける状況で、短時間だけ会う。というような方法。

じゃあ、そろそろ帰るね。と言った時に、相手が「寂しいなあ」と感じるような会い方ってなんだろう?

これを考えて、どう誘うか。会ったら何をするか。ということを考えましょう。

もう一つは、

「また(私から)誘うね!」というように、自分から誘うというような意思表示はせず、「誘ってね」「誘ってくれてもいいよ」というように、相手からの誘いを待ちます。という意思表示をするのも大切です。

相手に新しい彼女や彼氏がいる場合、「私からメールや誘いをしていいか分かんないから出来ないよー。」というように伝えておくことで、相手からのメールや誘いを待つだけ。という状況を作っておく。

というように、こちらからは誘ったりメールはしない。相手からメールや誘いが来ない限りは私からは動かない。というような「導線」をハッキリさせるように意識しましょう。

 

3、プライドと自信を持って復縁活動するべし。

復縁は、受け身ではなかなか難しいです。

極端な言い方をすれば、復縁したい元カレや元カノの心理をコントロール出来るくらいじゃなきゃいけません。

相手は今、寂しがっているからチャンス。

相手はいま忙しそうだし精神的に余裕が無さそうだから、放っておこう。

相手は私に対して嫉妬しているから、少しだけ押しておこう。

こんな風に、客観的に自分たちの関係を冷静に分析出来ることが大事です。

その為には、俯瞰して元カレや元カノと自分の事を見れなきゃいけません。

余裕がないと周りが見えなくなりますから、俯瞰するどころの話ではありません。

自信をもって、余裕をもって、復縁活動をしていかないと、なかなか復縁は進展しないのです。

引き寄せの法則で復縁するでもお伝えしましたが、自分は魅力的だ。復縁が出来るんだ。というように思えると、復縁活動がグッと楽しくなるでしょうし、思い切った駆け引きであったり判断が出来るようになるでしょう。

復縁ラボのトップページでご紹介しているように、

私を選んでくれなくてもいい。でも、私を選んでくれるなら世界一幸せにするよ。という気持ち。

で、復縁活動が出来ると最高だと言えますから、こういった心理状況を目指して頂きたいです。

 

4、好意は伝えても良い。執着は伝えてはいけない。

これは、このサイト内で何度も何度も言っている事なので、ご存知の方は多いかもしれませんが、復縁をするなら好意は隠して!というように書いてあるサイトが多いですが、

これは間違いです。

好意というのは、「あなたは素敵だ」「あなたと遊ぶのはめちゃくちゃ楽しい」「あなたの言葉はすごく参考になる」「あなたなら出来るよ!」というような態度であったり言葉。

これは伝えてはいけないなんて事は一切無く、むしろガンガン伝えていくべきです。もちろん元カレや元カノがあなたの未練を警戒している時には伝えないほうが良いですが、そうでない場合であれば伝えて構いません。

伝えてはいけないのは、執着です。

執着とは、期待したり、見返りを求めたり、理想を当てはめたり、というようなこと。

会えなくて寂しい。素っ気ない対応をされて辛い。もっと一緒に居たい。他に好きな人ができたら嫌だ。

こういった、相手に対して何かを期待し求める態度や言葉は、執着と言えます。

これは、復縁を目指すのであれば絶対に伝えてはいけません。

あなたと過ごすのめちゃくちゃ楽しい!

こんな意思表示をしているけど、サクッと帰れてしまう。

あなたはめちゃくちゃいい男だと思う!

こう言えてしまうのに、誘いを断わる事が出来る。

このような対応が復縁をするには最も適切な態度です。

好意は伝えても執着はしない。という態度は、

相手にとっては、届きそうで届かない。放っておいたらどこかにいってしまう。自分のモノにしたい。

と思っていただくために大事な距離感なのです。

 

5、迷わないことが復縁をグッと近づける。

復縁活動をしていると、判断に迷う。ということが多々あると思います。

簡単なテストをしてみましょう。

こういった状況の時、あなたならどうしますか?

 

・誘いのメールを送ったが、返事が3日来ない。もう一度メールを送るべきか否か。

・デートの最中で家に誘われた。今日は普段のデートよりもすごく良い雰囲気なので、この雰囲気を壊したくないけど…。家に行くべきか否か。

・帰り際に突然ハグをされた。どう対応するべきか。

 

どうでしょうか。あなたはどう考えますか?

 

状況によってまちまちですから、何が正解かをハッキリと答えることは出来ません。

メールを送るか否かに関しては、送らない。が多くのケースで正解。

デートの最中に家に行くべきか否かは、若干の余韻は残しつつも行かないのがほぼ正解。

ハグをされた場合はハグ以上は許さないが、ハグには応じる。ハグをしてきた事について一切自分からは肯定も否定もしないで帰る。がほぼ正解。

でも、その場その場で正解を導き出すのはなかなか難しいです。

大事な事は、迷わないこと。

迷っている姿や精神的に混乱している事を相手に悟られると、それは執着や未練が伝わることを意味します。

その時の対応が正しいかどうかは、後から考えればいいです。とにかく迷わないということが大事。

普段から、線引を意識しつつ、自信を持っていて、相手の言動に対して、相手の心理を想像することを意識していれば、変な対応はしないはずですしね。

 

復縁したい!を叶える復縁ノウハウ5選!のまとめ

長かったですね。お疲れ様です。

復縁のノウハウを5つ紹介しました。

復縁をするためには、余裕と自信をもって対応する。今の状況、相手との関係性を俯瞰して客観的に捉え、適切な対応を取れるようおおまかな方向性をハッキリさせておく。

というような事が特に重要です。

復縁活動は、大変な道のりですが、実は自分自身との戦いである側面が強かったりします。相手の心理をコントロールする前に、自分の心理をコントロール出来るかどうか。をまずは考えてみましょう。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ