【二度目の別れ】二回目の復縁を目指すなら、気をつけたい5つの点

二度目の別れをしてしまったけど、まだ元カレ元カノに未練がある。二度目の復縁を目指している。そういった方のために、復縁のために場合に気をつけたい5つの点ご紹介します。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 【二度目の別れ】二回目の復縁を目指すなら、気をつけたい5つの点

1、別れの原因が二回とも同じような理由の場合

この場合は、「別れの原因を治すから。」とお伝えしても、逆効果。「前もそう言ったけど、無理だったじゃん。」そんな風に言われてしまい、むしろ信頼関係に傷をつけてしまいます。

原因を治す。とアピールするのではなく、2度も同じ理由で別れてしまった事についての反省を述べるべきです。それ以上は逆効果になる可能性が大です。

また、別れの原因が同じ場合、別れの原因が無くなったよ。というアピールをしても、なかなか信用をしてもらえません。

原因が治っていることは当然ですが、原因が治ったというような相手の脳にアピールする事を意識しすぎず、感情に訴えるような行動のほうが効果的です。

具体的には、自分磨きを軸として相手の恋愛感情を再度取り戻す。極端な駆け引きによって相手の気持ちを揺らす。などが挙げられます。

 

2、相手が完全に冷めてしまっている場合

二度の別れの場合、関係性が冷えきっている事が多いです。前回の別れの場合は、元カレや元カノに未練があったのに、今回はそんな感じがしない。

そういったケースが多いです。

別れに慣れていますから、別れが辛いと感じにくくなってしまっているのです。

前回のようにお互いにセンチメンタルな雰囲気になる事は考えにくいので、明るく笑顔で別れるように心がけましょう。

あなただけが寂しがっていると、元彼や元カノは重く感じ更に気持ちが冷めてしまいますから。

相手の気持が冷め切っている場合、すぐに復縁をするのは難しいです。自分磨きによって「まるで別人」と思わせられるよう努力しましょう。

 

3、都合の良い関係になるリスクが高い

二度目の別れの場合、一度目の別れの時よりも、都合の良い関係になってしまうリスクが高いです。私のデータでは、女性が復縁を目指している場合、3組に1組は都合の良い関係になっています。

都合の良い関係になる事がなぜダメなのかは、復縁したいなら元カレとエッチしちゃダメ?セックスと男性心理で説明していますが、都合の良い関係にはならないよう、自分をしっかり持って対応しましょう。

既に都合の良い関係になってしまっている場合は、都合の良い関係から復縁をする方法を参考にしてください。

 

4、前回の復縁もあなたから迫った場合、今回は追いかけてはいけない。

前回の別れの時に、あなたから「復縁したい」とアピールをしていた場合、今回も相手はそれを予想しています。

また今回も俺に対して復縁を迫ってくるんじゃないか。というように思っていますから、この心理を逆手にとって、追いかけないことで、相手に寂しさや未練を感じてもらうことが出来るのです。

今回も前回と同様に追いかけてしまえば、相手は予想通りだ。と思い、冷め切ってしまうでしょう。

 

5、友達関係からの復縁か、冷却期間をキッチリ置いて復縁するかどちらか。

二度目の復縁の場合、成功例として多いのは、友達関係になって復縁するパターンと、冷却期間を半年程度きっちり置いてから再度接点を作っていく。このどちらかです。

基本的に、こちらの未練が相手に伝わっている状況では復縁がしにくいですから、完全にこちらの気持ちが伝わっていない友達関係であるか、冷却期間をキッチリ置くことで、相手にあなたの未練への期待や警戒を一切させない事で、ドキドキさせられる。というような環境を作ることが出来ます。

未練を警戒したり予想しているうちは、相手をドキドキさせることは不可能ですから。

 

二度目の別れの場合の復縁のまとめ

一度復縁を成功させているから。と同じようなイメージで復縁活動をしても失敗します。相手はあなたが、前回と同じように復縁を迫ってくるだろうと予想がついていますから、そういった状況の中では、相手の気持ちを大きく揺らすことは出来ません。その事をしっかり意識して、前回とは違う行動をするように心がけましょう。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ