あなたには必要?復縁の冷却期間についての正しい考え方

あなたの復縁には冷却期間が必要なのかどうか。これは、復縁を目指す方なら誰でも一度は考えたテーマではないでしょうか。

今回は冷却期間の基本を学び、正しい行動を行なっていただくために、実際の成功例と失敗例を交えながら解説します。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 あなたには必要?復縁の冷却期間についての正しい考え方

 

冷却期間とは何なのか?冷却期間の狙いは何なのか?

冷却期間とは、言葉の通り感情を「冷やす」期間です。時間が経つことで、感情は冷静になりますよね。では、何を冷やすのでしょうか。

大きく分けて冷却期間の狙いは4つあります。

それは、相手が持つあなたへの「嫌悪感」、「悪い印象」、「マンネリ感」を無くしていく期間、そして、あなたの「感情」を落ち着かせるための期間です。

相手の事を考えてみて下さい。あなたに対して「嫌悪感」を抱いていますか?あなたに対して「悪い印象」を抱いていますか?あなたとの関係を「マンネリ」に感じてドキドキしなくなってしまいませんでしたか?また、あなたの「感情」は落ち着いていますか?

復縁を成功させる。という事は、相手に「復縁したい」と思って頂くことです。それは、相手が「あなたと付き合えば幸せになれる」と感じるかどうかですから、

嫌悪感、悪い印象、マンネリを感じていれば、「復縁したい」と思っていただくのは非常に困難なのはご理解頂けると思います。

また、あなたが「感情」のコントロールが出来ないのであれば、相手は「関わるとお互いのために良くない」と判断するのは当然ですし、不安定な感情では正しい行動が出来ずに大きな失敗をしてしまうリスクが高く危険なのです。

こういった「復縁が出来ない要素や理由」を打開する為の一つの方法として「冷却期間」があるのです。

具体的に言えば、相手が怒ってしまっているのであれば、縋ってしまえば更に相手の怒りを買ってしまい、関係が修復不可能になってしまう事があります。そうならない為に、相手の怒りを鎮まるまで冷却期間を置いてから連絡をする。マンネリな関係が続き相手が冷めてしまったのであれば、冷却期間を置きその期間で自分磨きをする事で、再会時に相手に新鮮な気持ちになって頂く。というような事があります。

では、実際にあなたには冷却期間が必要なのかどうかを、考えてみましょう。

 

原因と、相手の気持ち、そして性格を理解して、冷却期間が復縁に効果的かどうかを見極めましょう。

例えば、あなたが洋服の販売員だったとしましょう。毎月、売上のノルマがありノルマを達成する為に洋服の販売を毎日頑張っています。

あなたには、月に何十万も買い物をしてくれる一人のお金持ちのお得意様がいました。しかしある時、そのお得意様が、パタリと来なくなってしまいました。

ノルマ達成の為には、そのお得意様が来なくなってしまった事は非常に痛く、あなたはとても困っています。一応、お得意様のメールアドレスと電話番号は知っています。

あなたは、そのお得意様にもう一度お店に来て頂く為に、何をすればいいでしょうか?

あなたは、どう考えましたか?

恐らく、多くの方が「分からない」と感じられたのではないでしょうか。それは正しい感覚です。

まず、そのお得意様が、何が原因でお店に来なくなったのか分かりませんよね。洋服の好みが変わったのかもしれません。 あなたの何気ない言葉で傷つけてしまったかもしれません。お金に余裕が無くなってしまったかもしれません。

また、その原因によって、相手がどんな気持ちになり、お店に来なくなったのかを分からなければ、「自分が何をすればいいか。」を理解することは出来ませんよね。

そして、そのお得意様の性格が分からなければ、「何をすればベスト」なのかを理解することも出来ないのです。

これは、復縁でも全く同じです。

今の状況に至った原因が分からなければ、相手の気持ちを理解することは出来ません。相手の今の気持ちを理解できない。という事は、何をすればいいのか。ということを考えることが出来ません。そして、相手の性格をよく理解していなければ、何がベストなのか。を導き出すことは出来ないのです。

逆に言えば、

別れの原因、今の状況に至った原因、それによって相手の気持ちがどうなったのかを理解すれば、復縁のために何ができるのか。という、いくつかの方法が出てくるはずです。そして、相手の性格を考えれば、復縁の為にあなたが行うべき「ベスト」な方法を導き出すことが出来るのです。

冷却期間が必要なのかどうかを考える時には、まずは原因、相手の今の気持ち、そして相手の性格をまずは考えましょう。

基本的には、原因が根深ければ根深いほど、相手が冷静であればあるほど、冷却期間は必要になります。

逆に、原因がそこまで根深くなく、相手が一時的にカッとなっているというような状況の場合は、冷却期間は必要ない場合が多いです。

 

冷却期間を置くなら、その意図をしっかり意識するべきです。

ただ、なんとなく冷却期間を置こう。では、復縁はまず成功しません。

なぜ、冷却期間を置くのか?冷却期間を置くことで、相手の気持ちや自分への印象はどう変わるのか?

そして、冷却期間後にどういった行動をすれば、「復縁」に繋げることが出来るのか。

こういった、冷却期間の意図をしっかり認識しなければいけません。場当たり的な対応では、確実に失敗します。

メールを送っても無視をされるから、冷却期間を置く。相手の反応が冷たいから冷却期間を置く。というように、追い込まれた末の決断ではなく、「再会時に相手と連絡を取りやすくし、相手の感情を盛り上げるために冷却期間を置くんだ」というように、攻めの姿勢で冷却期間を置くべきです。

 

冷却期間を置く前に何をするか。が非常に重要です。

冷却期間を置くことや、冷却期間を置いた後の事を気にする方が多いですが、実は一番大事なのは冷却期間を置く前に何をするか。です。

例えば、大げんかをして、そのまま冷却期間を置くよりも、謝罪や感謝を伝えた後に冷却期間を置いた方が良いのは当然ですが、

最後に「いい女だったな」「いい男だったな」と感じて頂いた後に、冷却期間を置いたほうが、冷却期間中に相手の中に芽生える未練や、あなたへの良い感情は増すでしょうし、冷却期間明けの連絡再開も非常にスムーズになります。

良くある失敗例として、

別れ際に何度も縋ってしまった事で、相手があなたを本当に嫌ってしまい、何も出来なくなったから冷却期間を置いたが、冷却期間空けに連絡をしても、無視をされてしまって、復縁が進まなかった。

というような事があります。

冷却期間空けは、警戒をされないように、出来る限り恋愛感情の伝わらないような連絡をする事も大事ですが、それ以上に、冷却期間を置く前に何をするか?が重要なのです。

 

冷却期間を空けた後、どのように接点を持つか?

冷却期間を空けた後に、どのように相手との接点を持つか。これを悩まれる方は多いと思います。

「久しぶり!最近はどう?私は、この前あなたがオススメしてた◯◯に行ったよ!すごく感動した!」

このような、「近況報告」と「近況伺い」のメールを送る方がかなり居ますが、これは「超危険」です。

相手に、それなりに恋愛経験があれば、「まだ俺に(私に)未練があるんじゃないか」と感じるでしょう。

なぜなら、「近況報告」≒「あなたと関わりたい。話したい。」という意思表示になってしまうからです。

冷却期間は何の為に置くのでしょうか?基本は、相手の感情を冷やすためですよね。そういった意図で冷却期間を置くのに、「未練」を伝えてしまえば、冷却期間の意味や効果は薄くなってしまいます。

特に、相手の中にあなたへの嫌悪感や悪い印象があって別れたような場合は、このような近況報告で返信が来る確率は非常に低いです。私の経験から申し上げて1割程度です。

無視を一度でもされてしまうと、ほとんど何も出来なくなってしまいます。それから、どんなに未練が伝わらないようなメールを送ってもメールが来ること自体に抵抗感を感じてしまうでしょう。「しつこい」と感じさせてしまい、冷却期間の意味は無くなってしまいます。

そうしないために、冷却期間空けの連絡は、慎重に内容を考えるべきです。

 

冷却期間空けのメールの例文

冷却期間空けのメールのポイントは、未練が伝わらない。相手に不自然さを感じさせない。相手に返事をする必要性を感じてもらう。この3点です。

今回はメールの例文をご紹介します。これは、実際に復縁を成功された方が冷却期間空けにお送りされたメールの内容です。

「久しぶり!いきなりごめんね。△△(相手が知っている友だちの名前)が飼ってる文鳥がヒナを生んだんだけど、引き取り手を探してるの。なかなか見つからなくて。◯◯君や◯◯君の周りで文鳥に興味ある人いる?居たら教えて欲しいです。写メに添付したのがヒナの写真で、大人になるとこんな感じっていう写メも添付したので、良かったら参考にしてみて下さい。」

私達はこれを「同報メール」と呼んでいますが、「色々な人に聞いている」「色々な人に報告している」というようなメール内容で、未練は伝わりにくいです。ペット関連だけでなく、仕事や学業で必要なアンケートであったり、イベントの誘いであったり、メールアドレスの変更メールであったり、応用が効きます。

他にも色々ありますが、同報メールが比較的、誰でもどんな状況でも使いやすいテクニックですので、今回はこの方法をお伝えしました。

メールの例文は下記を参考にしてみて下さい。

復縁メールの例文集、テンプレートを使ってよりを戻そう!

 

復縁の冷却期間についての正しい考え方のまとめ

いかがでしょうか。あなたには冷却期間が必要だと思われましたか?冷却期間を置くのであれば、置く前に何をするのか。冷却期間明けにどう連絡を取るのか。という所までワンパッケージで予め考えておくようにしましょう。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ