回避依存症の男性との復縁方法

元カレは回避依存症なんじゃないか?そう思われる方は、この記事を読んで、回避依存症の男性との復縁方法を学びましょう。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 回避依存症の男性との復縁方法

モテ男に多い?回避依存症とは?

回避依存症とは「深い人間関係を構築することを回避している人」のことを指します。
他人と自分との間に高く厚い壁を張り、親密な人間関係になる事を避けてしまいます。

その理由は、失う事を過度に恐れ、傷つくことを恐れてしまうからです。
親密になればなるほど、失う時のダメージや傷つくことのダメージは大きい訳ですから、最初から親密にならなければ良い。というような発想です。

失うことを極度に恐れる。ということは、得ること、他者と繋がることを強烈に欲している証拠でもあります。

得なくてもいい。他者と繋がらなくていい。と思っている人は失うことなんて気にしないですからね。

回避依存症の男性は、親密にはなりたくないけど、人に好かれたい。社会と繋がりたい。そういった矛盾した2つの感情・欲求を持っているのです。

他人からしてみると、“掴みどころがない”“何を考えているか分からない”というような印象を受ける方と言えるでしょう。

ここまでの話を聞くと、社会性に問題がありそうだと感じると思いますが、

親密になることは避けますが、コミュニケーション能力が低い訳ではなく、むしろコミュニケーション能力は高い方が多いです。

親密にならずに、相手から必要とされる関係を作ることを目指し、その為にずっと努力してきていますから、口がうまく、人心掌握術に長けており、自信があるように見え、モテる男性が多いです。社会性も低くはありません。

回避依存症の男性は、お互いに心をさらけ出し、親密で心やすまるような人間関係を意識的に、または無意識的に避けてしまいます。

それは恋愛だけでなく、友人関係、親子関係、仕事での人間関係など、様々な人間関係の中で表れます。

にも関わらず、自分を必要としてくれる。という相手を欲します。もしくは、相手を完全にコントロールしようとします。回避依存症の男性は、恋愛依存症の女性をパートナーに選びやすい理由はここにあります。

さて、そんな回避依存症は、大きく4つのタイプに分けることが出来ます。

 

回避依存症の男性のタイプ


タイプ1、独裁者

・自分の思い通りにならないと酷く感情的になる。

・「◯◯しろ」というように命令することが多い

・強烈な束縛をする。行動を監視する。

・変化を嫌う。

・あなたの提案や行動に対して内容を聞かずに頭ごなしに否定する。

・俺は絶対に正しい。俺の言うことを聞かなければ、必ず酷い目に合う。というような脅迫じみた発言をする。

・肉体的、精神的な暴力をしてしまう。あなたの存在を否定するような言葉が多く出る。

・何をするにも、「許可」を得ないと怒る。

・命令口調が多く、同意を取ろう。という発想がない。

このように、自分は絶対的な存在だ。あなたは従うしか無い。というように上下関係を作り、相手を自分の完全な支配下に置こうとします。「お前は価値のない存在だ」と直接的、間接的に伝えることで、相手は「この人が居ないと私はダメなんだ」と信じ込ませようとします。あるいは、肉体的・精神的な暴力をふるうことで、主導権を握ろうとします。

 

タイプ2、搾取者

・他人には要求をするが、相手の要求を飲もうとはしない。

・あなたに何かを頼む時だけ優しい。

・「私は利用されている?」と不安になることがある。

・相手の要求を受け入れた時は、すごく優しくなり、要求を受け入れない時は、酷く感情的になり怒る。

・あなたが相手の要求を受け入れるまで、しつこくねちねちと責め続ける。あなたの心配を煽るような言葉が多く出る。

・「子供っぽいわがままさ」が強くある。

「俺のことが好きで別れたくないんだろ?次は傷つけない。って言ったのは嘘だったの?」「本当に俺に対して本気だったら~」など、実態を見ることのできない「好き」「嘘」「本気」などといった言葉を巧みに使い、自分の不幸を嘆きつつ、自分の要求を通そうとします。
独裁者タイプのように「俺が上、お前が下」といった心理的な立場を主張するのではなく、「使う側、使われる側」といった搾取者と被搾取者の関係と言えます。

 

タイプ3、ナルシスト

・元ごとを深く考えず、思い込みが強いなど、「少年っぽい」ところがある。

・些細なきっけけで、手のひらを返したようにいきなり冷たくなることがある。

・人を傷つけることに罪悪感を感じない。むしろ傷つけることを喜んでいるフシがある。

・夢追い人であり、理想へのこだわりが強く現実を見ようとしない。

・繊細で傷つきやすくナイーブ

・人の話を聞くよりも自分の話をする方が好き

・「私は特別な人間だ」と思っている

・自分の理想と少しでも違う事があると、不機嫌になり、怒る。

・自分をほめてくれる人には甘いが、少しでも批判されたり欠点を指摘してくる人を憎み、徹底的に攻撃しようとする。

「俺は特別な存在である」ということが全てです。他人は自分の特別さを演出するコマに過ぎず「他人も自分と同じ特別な存在である」ということを認められません。 過干渉な親、過保護な親に育てられている場合が多く、子供っぽい自己愛の世界に止まったままでいます。恋人からの過剰な愛情表現を求めるばかりで、他人の気持ちがわかりません。理解しようともしません。

 

タイプ4、脱走者

・「束縛」を極端なほど嫌う。

・些細な要求であっても、「それを負担」だと感じる。

・秘密主義者で、自分が何をしているのかを言うのが嫌。

・1人でいることが好き。

・追いかけられるのを嫌い、追いかけられると逃げる。

・本心をなかなか言わない。

「自由」を求め、「束縛」を嫌います。束縛されたら最後だ、という強迫観念にとらわれています。 男性なら誰もが少なからず、この傾向があると言われています。女性からの求愛や要求を苦手とし、逃げ出してしまいます。

 

回避依存症の男性の特徴


 対人関係を避けて、自分の世界に閉じこもりがちです。

彼らにとって、他者の感情に触れることは、耐えられない事です。精神を消耗することを避けるために、他者との関り合いを必要最低限にしようとします。

その反面、対人関係以外で、自分の生活に刺激を求める事はします。仕事、お酒、ギャンブルにのめり込む方が多いです。

 

同性より異性との関り合いを好みます。

同性よりも異性との交流を好む傾向があります。異性なら、自分にとって都合が良く、自分が傷つきにくい関係を作りやすいことを今までの経験から知っているからです。

また、女性を口説くことを好み、都合の良い女性を作ったり、出会い系やキャバクラ、風俗にハマる。という男性が多いです。

 

相手に感情を乱されることを嫌う為、秘密を作ります。

些細なことでも相手に隠し、秘密を作り、自分を知られないようにします。また、自分の欲求を言わずに、相手にそれを察して欲しいと望む、無言の圧力をかけます。

 

あなたと親密にならずに、あなたを都合よく扱える関係を望みます。その為に様々な手段をとります。

会話をしない、強い感情(怒っているというジェスチャーや、恐怖に怯えたそぶり等)、あるいは感情を表に出さない(ポーカーフェイス)、敬語などやたらと丁寧に相手と接することで距離を作る、問題点に触れないなど、さまざまな方法を使って親密な接触を避けます。

 

回避依存症は病気ではありません。しかし…


回避依存症は病気ではありません。普通に社会生活を送ることが出来ます。また、本人もその状況に不満や不安を感じていない事が多いです。

むしろ彼にとっては、回避依存症的な行動を取ることは、最も自分が傷つきにくく、最も幸せな人生の送り方だと感じている可能性が高いのです。

彼に変わって欲しい。いつかは変わってくれる。と望んでも、それは難しいです。彼が今の状況を問題だ。と自分から思わない限りは、変わっては頂けません。

それだけ彼の抱えている問題は、根深いものだと思って下さい。

 

回避依存症の男性との復縁方法


回避依存症の男性と破局し別れた場合、復縁を成功するためには下記の2つの事がポイントになります。

 

1、険悪さを回避すること。

回避依存症の男性との破局をした場合、別れ際に険悪になってしまう事が非常に多いです。相手への思いやりの気持ちが薄い彼ですから、一度険悪になると相手を許す。ということがなかなか出来ません。一度しっかりとした謝罪、出来る限りご自身を卑下して謝罪をし、彼の素晴らしさを伝えるような感謝を行う事で、険悪さを回避出来るようにしましょう。

ただ、謝罪は1回きり。その後はしつこく謝罪をしない事がポイントです。

謝罪を何度もすれば、それをあなたの弱みだと彼は認識します。今まで以上に過激な要求が出来る。と勘違いしてしまいます。そうなってしまえば、付き合わずに、都合の良い関係のまま今まで以上に強烈な要求がくる。というような最悪のパターンになることが予想出来ます。

 

2、追いかけない

別れた後に、彼のことを追いかけてしまえば、1と同様で、都合よく扱える。と思わせてしまいます。

回避依存症の男性は、追いかけられるのは嫌いますが、追いかけられないのは面白く無いと感じます。

追いかけないことを徹底し、彼に「追いかけてもらえないのは寂しい。ちょっとは俺のことを求めろよ。」と思って頂けるように、意識しましょう。

 

回避依存症の男性との復縁は非常にシビアです。覚悟しましょう。


回避依存症の男性を相手にする場合、相手が利己的である分、非常に復縁はシビアです。

あなたが彼にとってどれだけ魅力的なのか。が全てと言って過言ではありません。

しかも、彼にとっての魅力とは内面的な事ではなく、外見、社会的地位といった表面的な魅力である場合が多いです。

つまり、外見や社会的地位をどれだけ向上できるかが復縁の大きなポイントになります。

基本的には、半年以上は冷却期間を空けなければいけません。期間を空けなければ、彼にとって都合の良い女性以上になることは難しいのです。

しっかりと付き合うことを希望するのであれば、半年は冷却期間を作り、再会した時に、「イイ女になった」と彼に感じて頂けるように、自分をひたすら磨きましょう。

自分が魅力的になればなるほど、相手はあなたに対しての無理難題を言いにくくなります。

また、これ以上の事は許さないからね。という線引を明確にした場合も、彼の反発を招きにくくなります。

このように、非常にシビアですから、復縁を望むのであれば、それなりの覚悟で挑みましょう。

いま一度、なぜ彼が好きなのか?

ということを考え、しっかり彼と向き合ってみて下さい。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


“回避依存症の男性との復縁方法” への4件のフィードバック

  1. misa より:

    復縁したい彼が、まさにこのタイプです。諦めたほうがやっぱりいいのかな…。

    • satosato より:

      返信が遅くなり、申し訳ないです。
      諦めるかどうかは、あなたが決めること。失恋直後は視野が狭くなりがちですから、色々な人の意見を聞くなり、色々な人と出会うなりして、落ち着き視野を広げられるように心がけるべきでしょう。

  2. Bamse より:

    これまさに俺なんだがw

  3. にゃんまま より:

    離婚した元夫がこれだと思います。お金で困らせられ.勝手に離婚届出され.離婚後に不倫していた事が分かりました。子供もいるため復縁したかったのですが…。離婚後距離も離れておりもう既に相手が出来ていそうで不可能に近いのかなと感じました。諦めたくないです。

コメントを残す

このページの先頭へ