成功者が実践した復縁のきっかけ作り

復縁のきっかけってどうやって作ればいいの?」というような趣旨のご質問が比較的多いので、この記事でまとめておきたいと思います。実際に復縁を成功させた方のきっかけをご紹介しますので、参考にして下さい。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 成功者が実践した復縁のきっかけ作り

 

今回ご紹介する復縁のキッカケは大きく分けて3つ


復縁のキッカケと言っても、色々ありますが、今回は大きく3つに分けて紹介したいと思います。

1.メールや電話をするきっかけ

メールのキッカケや電話のキッカケに悩まれる方は多いと思います。どういう理由でメールをすればいいのか。どういった流れで電話をすればいいのかを解説します。

2.会う、誘うきっかけ

連絡が出来るようになっても、どう誘っていいか分からない方は多いと思います。会うための口実になるようなキッカケをお伝えします。

3.復縁をするきっかけ

実際に復縁をするには、彼から言われるのを待てばいいの?それとも自分から押したほうがいいの?こうしたお悩みの参考になるような実際の復縁のキッカケをご紹介します。

 

メールや電話をする為のきっかけ


まず、この話をする前に確認しますが、相手に今、拒絶されていたり、嫌悪感を抱かれている場合は、メールのキッカケを考える時ではありません。謝罪や冷却期間の対応をして下さい。

また、FacebookやTwitterで繋がっている場合は、メールや電話で絡むよりも、まずはSNSを中心として薄くコミュニケーションを取るようにしましょう。

学校が同じであったり、職場が同じであるなら、メールや電話をする事よりも、職場でのコミュニケーションの中で、親密さを高められるようにしましょう。

 

同報メール

これは、相手以外にも送っている。色々な人に聞いている。というような内容のメールです。未練が伝わりにくいですし、返事がなくとも次にメールを送ったら重いかな。というような、悩みを抱えにくく、別れの後の最初のメールとしてはリスクが低くオススメです。

・アドレス変更のメール

・共通の知人の連絡先を聞くメール

・学校の課題などでのアンケートに答えていただく

・合コンのメンバーの募集

・自分が関わっているイベントの告知

・不用品を譲るよ。というメール。

(例)ソファーを買い換えるので、今使っているソファーが必要な人を探している。

 

質問メール

これは、相手の知識に頼る内容のメールです。Googleで検索したり、他の人に聞いたら解決するような質問をすると、「なんで俺に頼るんだよ、面倒くさい」と思われてしまうかもしれませんから、彼じゃないと解決できない質問彼が教えてあげたいな。と思う質問であるかどうかがポイントになります。

・彼のマニアックな趣味に関する質問

・彼との共通の趣味に関する質問

・彼との思い出についての質問

(例)伊豆旅行の時に行ったお寺ってなんて名前だっけ?お母さんと旅行に行くからその時に連れて行ってあげたくて。

・彼の土地勘に頼る質問

・彼の人よりも優れている特別なスキルについての質問

・彼の家に◯◯忘れてたりしない?というような、確認メール。

 

挨拶メール

・誕生日のお祝いメール

・お正月のあけましておめでとうメール

挨拶メールは、相手との別れが和やかで、あなたへの悪い印象を持っていらず、あなたへの未練を警戒していない場合はOKですが、そうでない場合は避けましょう。

 

相手にメリットがあるメール

これは、相手の性格が非常に合理的で、ご自身の利益に対してシビアな方に効果的な方法です。

・彼の趣味に関連するモノを譲る内容

(例)野球のチケット貰ったんだけど、私は行かないからあなたどう?

・相手の仕事にメリットのある情報を提供する。

・相手の仕事にメリットのある人を紹介する。

・相手の趣味に関連する有益な情報をお伝えする。

今回はメールのきっかけとして紹介しましたが、メールで「久しぶり!ちょっと聞きたいことがあるんだけど、電話いい?」と連絡をして、電話で用件を話す感じにして、このキッカケを応用すると良いでしょう。

 

会う、誘う為のきっかけ


基本的には、誘う前に「会いたいな」と感じて頂くことが大事です。それをせずに、きっかけだけを追い求めてもうまくいきにくいです。その事を考慮しておきましょう。

 

相手の悩みを聞き出し、悩み相談やストレス解消の為にどっか行こう。と提案

まず、普段の連絡で出来る限り聞き役に徹して、相手の日々の不満や愚痴、悩みを吐き出して頂きやすい環境を作ります。

相手が非常に悩んでいるような時に、じゃあ今度飲みに行こう。その時聞く。だとか、悩んでても答えがでる問題じゃないし、たまにはパーッと遊びなよ。あ、そうだ今度カラオケ行こっか?

というように、相手の悩みの解決の為に誘う。というような流れを作ると自然にお誘いすることが出来るでしょう。

 

誘って、即座に自分で否定する

今度、飲みに行かない?

と提案した場合、相手は構えてしまい、未練を感じ、考えさせてしまいます。

ですから、今度飲みに行こーよ。と伝えた瞬間に、「あっ、気まずいか!」というように自分で否定してしまえばと、相手には会いたい意思は伝わりますが、構えさせることがなく、重さも感じさせにくいです。

相手が、会いたいな。と思っていてくれれば、いいよ。と言ってくれるでしょうし、会うのはちょっと。と思っていたとしても、相手から会うことを否定される訳ではないので、関係が気まずくなりにくくその後連絡がしにくくなるということがなく、ダメージが少ない誘い方だと言えます。

 

複数で会う

今度、皆で鍋しようよ。だとか、Yちゃんと一緒に行くんだけど、あなたも来る?というように2人きりではない誘いであれば、重さを感じさせにくく、これも断られてもダメージが少ない誘い方になります。

 

何かを借りる

色々な人に◯◯貸してって言ってるんだけど、なかなか持ってる人いなくて。あなたは◯◯持ってるでしょ?もし良かったら貸して欲しいんだけど…。

というように、相手にモノを借りる事を口実にお会いすると重くなりにくく、誘いやすいです。

 

良くある流れ

良くある流れは、「行きたいお店」「行きたいイベント」「行きたい場所」の話で盛り上がり、そのまま「一緒に行こうよ」とお誘いするような形です。

彼が未練を警戒してそうであれば、「複数で行こう」と提案したり、「即座に否定する」というように応用すると更に良いでしょう。

 

復縁をするきっかけ


復縁は、基本的には相手から言わせなければいけません。

追いかけっぱなしで復縁が成功するケースは殆どなく、押した後に引いて、引いた時に相手が告白してくれる。というような流れが多いですから、

自分から言う。というような発想は捨てたほうが良いです。

相手の中にあなたへの未練や恋愛感情が芽生えてきたら、相手が引かない程度に、押して押して押しまくりましょう。これは、誘ったり連絡したりというような事ですね。

一緒に居る楽しさや心地よさ、ドキドキといった気持ちを十分に実感して頂き、その後、一旦連絡を控える事によって、相手からお誘いや連絡が来るような状況を作ります。

お誘いも適度に断り、「付き合って自分のものにしたい」と感じて頂くまで、引くことを徹底しましょう。

引く。といっても、冷たくする。というような事ではなく、誘いを断ったり、早めに帰ったり、というような行動によって、相手のほうが寂しさを感じたり、相手のほうが会いたいな。と思って頂けるような状況を作る。ということですから勘違いなさらないように。

相手のテンションが高まった。目安としては付き合う以前の相手のテンションになったと感じたら、相手への好意を再度伝えていきましょう。好き。だとか復縁したい。というような言葉ではなく、一緒に過ごすことが楽しい。あなたは素敵な人だ。というような好意の伝え方にしましょう。

ここまでくれば、以前お付き合いをした時と同じ流れでお付き合いすることが出来るでしょう。

復習します。

まず、相手に私への未練や恋愛感情があることを感じ取る。感じ取ったら自分から積極的に誘う。相手とお付き合いをしている時と同じようなテンションでお会いすることが出来るようになったら、誘うのを辞める。相手から誘いが増えたら、我慢して断ったり、早めに帰る事を意識する。

相手のテンションが、お付き合い以前のようなテンションになったら、自分の好意を伝えて、彼をその気にさせる。彼からの告白を待つ。

こういった流れを目指しましょう。

 

成功者が実践した復縁のきっかけ作りのまとめ


いかがでしょうか。今回ご紹介したキッカケは、全て実際に効果があったものを載せています。悩んだら、この記事を読み返して、自分に出来る事はないかな。と探してみて下さい。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ