復縁を一瞬で引き寄せる、感謝と謝罪のメールや手紙の書き方

今回は、別れ話の後に彼や彼女に送る「感謝と謝罪のメールや手紙の書き方」について解説します。別れの後に、「感謝と謝罪のメールや手紙」を送るだけで、彼や彼女が別れを考え直して復縁が出来る事は結構ありますので、別れた直後の方や、別れそうな雰囲気を相手から感じている方は、この記事を参考になさって下さい。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 復縁を一瞬で引き寄せる、感謝と謝罪のメールや手紙の書き方

なぜ、復縁を目指すなら感謝と謝罪のメールや手紙を送るべきなのか?

復縁を目指したい、別れを回避したいなら、別れた後には必ず「感謝と謝罪のメールや手紙」を送るべきです。

その理由は色々ありますが、簡単に下記にまとめてみます。

 

・人は、最後に接点を持った時の相手の印象を引きずるから。

別れ際の印象が悪いと、相手はその悪い印象をずっと引きずってしまいます。

別れ際は、情緒が不安定になりやすく、混乱やパニックを起こしやすいです。その結果、相手に対して、しつこくしてしまったり、負の感情をぶつけてしまったりする方が居ますが、この場合、相手は、その印象をずっと引きずってしまいます。

悪い印象を最後に植えつけてしまうと、その後の復縁は難しくなります。会いたくない。連絡を取りたくない。そんな風に思わせてしまえば、接点を持つことが困難になりますから。

下手をすれば、「別れられて良かった。」「別れて正解だった。」と別れに対して清々しい達成感を感じてしまうかもしれません。

復縁を短期的に達成するには、別れ際や別れの直後に、「別れなければ良かったかも。」というように相手に後悔や迷いを感じさせる事は必須です。

復縁を目指すなら彼や彼女に対して、「別れ」を後悔させ未練を感じさせる為にも、その後、接点を持ちやすくする為にも、最後の印象は良くしておくべきです。

その為に「感謝と謝罪のメールや手紙を送る」のは、とても重要なコトです。

 

・感謝を伝える。ということは、相手を振る。ということ。これによって相手に未練を感じさせる事ができます。

振った振られた。の関係だと、振った相手のほうが精神的に優位に立ちます。

その後、未練を相手に感じさせるには、精神的に同じ立場に立つ必要があります。

極端に言えばこんな感じ。

相手「別れよう」

私「うん。実は私もお互いの為に別れたほうがいいって思ってたんだ。別れよう」

これだと、相手は精神的に優位には立ちません。

ただ、こんな対応は、よほど強がってる人じゃないと普通出来ませんし、相手のプライドを傷つけてしまい、あなたに対して不快な感情が芽生えるリスクがあります。

相手「別れよう」

私「そっか。辛いけど、あなたがしっかり考えて出した答えだもんね。分かった。別れよう。今までありがとう。」

こんなふうに、別れを受け入れ、尚且つ相手に対して感謝を伝えることで、振った振られたの関係ではなく、

お互いに別れに同意した。という同等の関係性になる事が出来るでしょう。

これによって、相手はあなたの未練に期待することなく、未練が芽生えやすい状況を作り出すことができます。

つまり、感謝を伝える。ということは、相手を私も振る。ということなのです。

また、振られたことの辛さをグッと堪えて、「相手へ感謝が出来る」余裕や強さを感じさせることができます。

これにより、その後舐められたり、相手が精神的に優位に立ちすぎる。ということを避ける事が出来るでしょう。

逆に、

「なんで、私を振るの?今までそんな素振り見せなかったのに…。酷い。」

「納得出来ない。私は別れたくない。」

というように、相手を責めるということは、「別れは受け入れられない」という意思表示になります。

こういった意思表示を受けた相手は、「どうやって別れを受け入れさせようか」という発想になります。

言葉で説得を試みるのか、無視をするのか、傷つけるような事を敢えて言うのか、相手の性格や二人の関係性によって様々ですが、

この状況が長引けば長引くほど、信頼関係は崩壊します。信頼関係が崩壊すると、利害関係以外での交流は難しくなります。

自分に利があれば対応するが、自分に利がなければ対応しない。というようなドライな関係性になります。

こうなると、相手とまともに話したり会えるようになるまでのハードルは非常に高くなります。1年〜2年は覚悟するべきです。

復縁を目指すなら、こういった冷めた関係性になるのは避けなければいけません。

瞬間的、瞬発的に「別れ」を受け入れられず、相手に対して説明を求めたり、辛いという感情を顕にしたり、保留を迫るのは仕方がないですが、最長でも2週間以内に、別れを受け入れるべきですし、相手を傷つけるような言葉をぶつけたり、相手に対しての不信感をぶつけるような事は避けましょう。

 

・感謝を伝える事で、相手に過剰に罪悪感を感じさせないようにする。

相手に罪悪感がないのは腹が立ちますが、罪悪感を感じさせ過ぎるのは、その後、復縁にとって大きなリスクとなります。

別れ際に、相手があなたに対して大きな罪悪感を抱いている場合、その罪悪感は、後々に、あなたに対する「気まずさ」に変わります。

この「気まずさ」は非常に厄介です。

会うのを意図的に避ける、会話を意図的に避ける、連絡に対して警戒心を感じる。

というように、コミュニケーションや接点を持つときの障害になります。

別れ際に、しっかり相手に対して感謝を伝えることで、その後の気まずさが生じるリスクを最低限に留めることができます。

特に、学校が同じ、職場が同じ、共通の知人が多く飲み会などで会う事が多い、家が近くて会う事がある、Facebookなどで繋がっている。というような場合は、別れの後に気まずさがあると、お互いに意識しすぎて、お互いに気さくに話すことが出来る。というような良好な関係に戻すのが難しくなります。

話が逸れますが、別れ話をし、感謝を伝えた後は、完全に割り切って対応して下さい。付き合う前のような雰囲気で対応するようにする事を意識しましょう。

これによって、気まずさを感じさせることなく、また相手にあなたの未練を感じさせることがなく、警戒されにくく、駆け引きがしやすく、接点を持ちやすく、といった復縁を目指すには最良の関係性を作ることができます。

 

復縁を成功させる、感謝と謝罪のメールや手紙の書き方

さて、では実際に感謝と謝罪のメールや手紙の書き方を解説します。

まず、相手があなたの悪い部分、別れの理由を具体的に指摘してきた場合は、それについての謝罪を書きましょう。

別れの理由がよく分からない場合は、別れの理由を言わない、原因を言ってくれない時の相手の本音を参考になさって下さい。

謝罪をどの程度するか。という事については、別れの理由の重大さであったり、相手の現在の感情であったり、相手の性格(同情しやすいかどうか)によって変わってきますので、「このように書けばOK」とは言えないのですが、

基本として、

「別れの原因を引き起こしてしまった自らの中にある理由」「その理由によって、相手をどういう気持ちや状況にしてしまったか」ということを書き、相手に対して謝罪をしましょう。言い訳っぽくならなければ、「自分がこうしていれば良かった」というような事を付け加えてもOKです。

謝罪に関しては、相手がめちゃくちゃ怒っている場合を除けば、そこまで長文で書く必要はありません。

大事なのは【感謝】です。

「相手がしてくれた事に対する感謝。」「相手と出会えた事で、自分にどんな幸せが訪れたか。」

ということを中心に、彼や彼女に対する感謝をしっかり書きましょう。

文章の最後は「今までありがとうございました。」「今まで支えてくれてありがとう」というように、今まで◯◯してくれてありがとう。という言葉で〆ると良いでしょう。

「バイバイ」とか「さようなら」とかそういう言葉を書ければ最良ですが、復縁を目指す場合はその後の再会を目指す事になります。

1か月後に忘れ物の受け渡しで会ったり、3ヶ月後に流れで飲みに行ったりというような感じで、再度接点を作っていきます。

共通の知人がいて飲み会で絶対に会う。職場や学校で会う。という場合は強気に「さようなら」というような言葉をつけても問題ないですが、

そうでない場合は、「さようなら」と伝えたとしても、その後、冷却期間を置いた後に、またこちらから久しぶりメールを送るわけですから、その時に矛盾が発生してしまいます。

復縁を目指す場合は矛盾は出来る限り無くして、一貫性のある行動をしていきたいので、その後、こちらからメールを送ることを考えると、

「今まで◯◯してくれてありがとう。元気でね。」というような文面で〆るのがベターです。

 

感謝と謝罪のメールや手紙の例文

復縁メールの例文集、テンプレートを使ってよりを戻そう!で別れ際のメールとして例文を紹介していますので、見て頂ければと思います。

時間がある時に、ここでも「感謝と謝罪のメールや手紙」の例文を追加していこうと思っていますので、期待していてください。

 

感謝と謝罪のメールや手紙はいつ送る?どんなタイミングで渡すべき?

復縁にとって最も理想的なのは、下記のタイミングです。

相手から別れたいと言われ、別れ話を会ってする。別れ話は会ってするべきです。電話やメールで相手が別れの理由を言おうとして来たら、ちょっとまって。大事な話だし会って話そう。と伝えましょう。この時、感情的であったりテンパっていると、相手は会うのを躊躇いますから、出来る限り落ち着いて対応してください。

会って別れ話をして、相手の決意が揺らがない事を確認したら、それ以上は縋らずに、別れは受け入れましょう。

そして、最後に家にあるモノを受け渡す。というような理由で後日お会いしましょう。

その時に、1時間〜2時間程度、気まずくなく楽しい時間を過ごせると良いです。

私がオススメしているのは、「ご飯、カラオケ、ドライブ、散歩」などを付き合っている時と同じような雰囲気で過ごせると、相手に未練を感じさせやすい環境を作ることができます。

「最後は笑ってお別れしたいから、軽くご飯でもどう?ちょっとだけ散歩しない?」というようにお誘いすれば、相手との関係が険悪でない限りは応じて頂けるでしょう。

別れたとは思えない。明日の朝はまた「おはよう」と連絡をしたくなる。連絡が来ると錯覚してしまうような、「別れ話をした後」だとは思えないような、穏やかで楽しく自然な時間を過ごすことを目標にしましょう。

これによって、相手の未練を最大限引き出す下準備が出来たと言えます。

そして、1〜2時間、楽しく過ごして、別れ際に「感謝と謝罪を書いた手紙」を渡しましょう。

別れ際は出来る限り笑顔で、爽やかに別れるように意識しましょう。

手紙のシリアスな雰囲気とのギャップで相手に寂しさや悲しさを感じさせやすくなります。

 

まとめ

いかがでしたか。別れ際は、感謝と謝罪のメールや手紙を必ず渡して頂きたいです。

手紙とメール、どっちがいいか。といわれると、状況によるのですが、お互いに爽やかな雰囲気で別れたのであれば、手紙が効果的です。お互いにジメジメしてしまっている場合や、あなたが重すぎると相手が感じている場合は、手紙よりメールのほうが印象が良いかもしれません。

理想は、爽やかであったり和やかにお別れして、手紙を渡す。というような流れですから、この流れを作れるようにまずは努力して頂ければと思います。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ