復縁できないパターン

今回は復縁ができないパターンはどんなものなのかを解説します。これを勉強すれば、何が復縁にとってタブーなのか、今の状況は良いのか悪いのかを理解出来ますから、今後の復縁活動の参考になるはずです。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 復縁できないパターン


復縁できない別れ方、復縁しにくい別れの理由

こういった別れ方をした場合、復縁の可能性は非常に低いと言えます。

 

・別れ際に、振ったことに対して罵倒雑言を相手にぶつけ、相手と険悪なムードで音信不通になった場合。

相手に怒られるだけの理由があればいいのですが、そうでない場合は相手は怒られたり暴言を吐かれることの根拠が分からないので、この場合の不信感は非常に大きいと言えます。

復縁を目指すのであれば、とにかく「別れ際に感情的になりあなたを傷つけてしまった事を侘び、あなたには感謝している」という旨の謝罪をするべきですが、それをお送りしても返事がない場合は、復縁の可能性は非常に低いと言えます。

 

・別れの理由がどちらかの両親の反対

他にお互いに不満はなかったが、例えば結婚が両親に反対されてしまい別れるしかなくなってしまった場合、復縁の難易度は非常に高いです。

相手の両親が反対している場合、両親を説得出来るような材料がなければ復縁は厳しいでしょう。この場合、社会的地位、家庭環境、収入などが問題になるケースが多く、これを改善するのは非常に困難だからです。

自分の両親が反対している場合、両親を説得できない事に問題があります。相手に変わってもらおうとしても、別れた今は無理です。あなたが両親を説得する盾にならなければいけませんが、この場合は非常に強い覚悟が必要でしょう。同時に、相手も説得していかなければいけませんが、一度相手のプライドは折れてしまっているので、長い時間と根気が必要です。

 

・あなたが男性で、元カノに対して別れ際に酷く縋ってしまい、最終的には嫌われてしまった場合。

女性は、一度冷めてしまうと、それを挽回するのはとても難しいです。冷めただけならまだしも、不信感や不快感を感じさせてしまうと、謝罪を行ってもなかなか難しいです。

それでも一応は、「縋ったこと、冷静でなかったこと」に対する謝罪はするべきですが、これに対して反応を頂けるケースは稀です。仮に反応を頂けても、すぐに復縁は難しいですから冷却期間を必ず置きましょう。

 

・警察沙汰になるような派手な別れ方をしてしまった場合。

警察を呼ばれるということは、それだけ自分は迷惑しているんだ。ということを伝えたいから。相手を追い詰めすぎてしまった結果だと言えるでしょう。

例外として、共依存の関係になっている場合は、こういった別れ方をしても、また仲直り。ということは結構なケースであるのですが、

そうでない場合は、復縁の可能性は非常に低いと言えます。

 

・浮気がバレてしまって信用出来ないと言われてしまった場合

浮気バレの場合も復縁の可能性は低いです。相手の価値観や恋愛観にもよりますが、浮気に(比較的)寛容な相手であれば、話し合いの段階で別れを止められますから、別れてしまった場合は、復縁の可能性は非常に低いと言えます。

信頼を得るには時間がかかりますが、信頼を失うのは一瞬です。

残念ですが、別れ際のドタバタの中で説得できない場合は、復縁は難しいです。一度別れてしまえば、割り切られてしまいますから。復縁を目指すのであれば、長期戦を視野にいれましょう。3年後の再会時に再チャレンジするくらいの覚悟を持ちましょう。

 

・相手が信頼している占い師に別れろと言われた事が原因の場合。

意外に多い第三者のアドバイスによって別れてしまうケース。

この場合も難しいんですよね。原因はその占い師に別れろと言われてしまった事なので、こちらがどうこうして解決出来る問題ではないのです。

個人的には、こういった理屈が通用しない相手とお付き合いを続けていても良いことはないですから、キッパリ諦めたほうが吉かと。

 

復縁活動中、復縁が出来ないパターン。

・相手がオラオラすぎて制御不能なパターン

相手があなたに対して、ジャイアン的な対応をとり続けている場合、復縁はなかなか難しいです。

あなたが相手を甘やかしている場合はそれを辞めて様子を見て下さい。会うのを控えるとか、YESマンにならないとかね。

もし、それを行っても改善しない場合、これは、相手の性格や精神に大きな問題があります。

絶対復縁できないとは断言はしませんが、復縁したとしても、あなたは幸せにはなれない、常に搾取されるだけです。それでも良いという覚悟がない限りは、きっぱり諦めるべきでしょう。

 

・何をしても無視され続けている。

メール無視から復縁をする方法

ここに書いてある方法を試したり、冷却期間を置いたりしているのに、メールが無視され続けている場合は、

別れ際の印象が悪すぎてそれを挽回することが不可能になってしまっているか、相手に新しいパートナーがいる場合のどちらか。

基本的に、メールは送れば送るほど、未練が伝わってしまうので、メールは2回無視されたらそれ以上は送らない方が良い(次に送るのは半年や一年は空けるべき)です。

 

復縁できないパターン

復縁できるか出来ないかは、別れ際の対応で5割くらい決まってしまうので、別れ際の対応でミスってしまうと、どうあがいても復縁は困難になってしまいます。

出来る事はして、様子を見つつ、他の出会いも探しながら自分を磨いていく。というスタンスで、あまり思いつめずに復縁活動が出来れば良いのですが、なかなかそうもいかないのが恋心ですから、なかなか難しいものです。



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ