喧嘩別れからの復縁・仲直りの方法

今回は、喧嘩別れからの復縁方法について解説をします。どれだけ早い段階で相手の怒りや不信感を払拭できるかがポイントです。元カレ元カノの怒りや不信感さえ払拭が出来れば、復縁・仲直りの可能性は非常に高いですから、喧嘩別れをしてしまってどうすればいいか迷われている方は熟読下さい。

▼復縁を成功させたいなら必須▼

bnr 46860 喧嘩別れからの復縁・仲直りの方法

喧嘩別れの場合は、素早く謝罪をすることが復縁の鍵です。

喧嘩別れをしてしまった場合、どちらかが折れないといつになっても関係の修復は出来ません。

できる限り早く謝罪を行うべきです。

謝罪のメールの書き方や例文については、下記を御覧ください。

復縁を一瞬で引き寄せる、感謝と謝罪のメールや手紙の書き方

復縁メールの例文集、テンプレートを使ってよりを戻そう!

 

謝罪のタイミングがわからない場合は?

すぐに謝罪をした方が良いと言うけど、今はめちゃくちゃ怒っているので、もう少し後のほうがいいんじゃないか?

こんな風に思われる方も居ると思います。

しかし、謝罪を遅くした場合、今度は「今更そんな風に謝罪をしても遅い。」こんな風に意地を張ってしまう可能性があります。

ですから、遅くすればいい。というものでもありません。

喧嘩別れをしてしまった翌日、もしくは翌々日には謝罪を行うようにしましょう。

 

あなたが意地を張ってしまった場合はどうしたらいいか?

喧嘩別れの際に、あなたも意地を張って元カレや元カノに対して、突っぱねたり、罵倒したりしてしまった場合、

謝罪のメールを送ると、相手に「今更なんだ。ふざけるな」というように、不信感を感じさせてしまう可能性があります。

突っぱねたり、罵倒したりした時の態度と、謝罪をしている態度のギャップが大きすぎて、受け入れることが出来ないわけです。

意地を張ったり、相手に対して酷いことを言ってしまった場合は、まず、罵倒をした事を侘び、あんな酷いことを言ったのに、こんなふうに謝罪をして寄りを戻したいと思っている自分の一貫性のなさや感情的になってしまった事に対して詫びるようにしましょう。

 

メールが受信拒否されてしまっている場合はどうすれば良いか?

メールが受信拒否されてしまっている場合は、ショートメール(SMS)か手紙をお送りするしかありません。FacebookなどのSNSで繋がっている場合はそちらでメッセージを送るのもアリでしょう。

家に突然行くという判断をされる方がいますが、これが良い方向に転ぶ場合もありますが、そうでない場合もあり、家に突然行くことを手放しで推奨する事は出来ません。

あなたへの嫉妬心などで元カレや元カノが怒ってしまっている場合は、家に突然行くことで状況が良くなるケースが多く、

あなたの依存や執着に対して、不信感や不快感を元カレや元カノが感じている場合は、家に突然行くことで状況が悪化するケースが多い。

とだけ申し上げておきます。

 

ライン(LINE)がブロックされてしまっている場合はどうすれば良いか?

最近は、こういったケースも多くあります。相手の連絡先はLINEしか知らない。というようなケースですね。

LINEがブロックされている場合は、元カレや元カノを「ごめんなさい」というような名前のグループに招待することで、無理やりですが「ごめんなさい」というメッセージを謝罪として伝えることが出来ます。

もう連絡方法が他になく、どうしようもない場合は、こうした対処をするのもアリだと言えるでしょう。

参考記事

電話を1回、LINEを2度無視されています。復縁は厳しいですか?

元カレや元カノにLINEのブロックをされているか確認する方法

 

謝罪した後は?

さて、謝罪をした後の対応について。

これは、元カノや元カレの対応によってどうすればよいか変わってきますから、元カレや元カノの対応別に見ていきましょう。

 

私も悪かった。俺もごめん。というようなメッセージが返ってきた場合

この場合、謝罪のメールが相手の心に響き、許していただけたと言えます。ただ、こういった返事が返ってきたからと言って、即座に復縁が出来るとは限りません。

喧嘩別れから、この返事が返ってくるまでの間に、相手が別れを受け入れ割り切っているかどうかによって、状況は全く変わってきます。

とにかく、電話で話すなどして早めにアポを取ってお会いして下さい。

お会いして改めて、謝罪とやり直したいと思っている。という気持ちを伝えましょう。

 

返事は返ってきたが、まだ怒っている場合

やり直す気持ちが一切無く、本気で怒っているのであれば、返事を返さずに無視をします。

返事を返してきている。という時点で、ある意味では構ってちゃんのような感じで、「俺はこんなに怒っているんだ。」ということを分からせたい。という意図があるわけです。まだ怒りたらない。もっと謝罪して欲しい。というような感情的な態度です。

この場合は、電話などで謝罪をし、相手がスッキリするくらい言いたいことをガンガン言わせてあげて下さい。

その後は、電話での展開によりますが、1〜2週間程度時間を空けて、家にあった物を返す、もしくは返してもらう。というような要件でお会いして、様子見という感じになるでしょう。

この場合は、相手が感情的になっており、精神的に未熟とも言えますから、気持ちに余裕をもって対応していれば、復縁は相当高い確率で可能です。

 

無視された場合。

この場合は、不信感や嫌悪感が謝罪では払拭できなかったと言えるでしょう。

謝罪のメールを送ってから2週間〜3週間程度期間を空けた後に、今度は謝罪と感謝のメールを送りましょう。

前回は、許して欲しい。復縁して欲しい。というメールだったのに対して、今回は、復縁を諦める。いままで本当にありがとう。というような趣旨のメールになります。

このメールを送った後は、冷却期間を置き、忘れ物や受け取りたいモノがあるのであれば、2〜3ヶ月後にその要件で連絡。

そういった連絡をする用事がないのであれば、半年程度空けた後に、様子伺いのメールを送る形になります。

 

喧嘩別れからの復縁・仲直りの方法のまとめ

今回は、喧嘩別れから復縁、仲直りをする方法を解説しました。

とにかく、早く謝罪をすること。相手の反応を見極めてから、それに対応した行動をすることが重要です。

しつこくするのは基本的にはNGですから、謝罪をするにしても、喧嘩をしてしまった事に対する謝罪と復縁の申し込みを1回、総合的な謝罪と今までの感謝のメールが1回の合計2回の謝罪を限度と考えて頂ければと思います。

喧嘩別れの場合は、感情的な別れですから、復縁の可能性は比較的高いですから、前向きに対応して頂ければと思います。

 



復縁は、実は簡単に出来ます。

雑誌のananでも紹介された復縁相談のカリスマが、今なら無料であなたにアドバイス!

絶望的な状況ですらガンガン復縁を成功させてしまう、魔法のようなアドバイスに驚き、感動すること間違いなし!

▶今すぐ無料で復縁相談する!

※携帯やスマホからご相談の場合は、[fukuen-sengen.com]からの返信を受け取れるようご設定下さい。 


コメントを残す

このページの先頭へ